2008年 12月 18日

ザ・パンチの泣き(ボヤキ)ツッコミの殺傷度を検証する (4)

ノリツッコミという漫才の技がある。

以前、大阪の御堂筋線に乗っていたら、目の前の
女子高生の二人組が通常の会話のなかで
見事なノリツッコミを折込んでしゃべっており、
「さすが大阪!」 と関心したことがある。

ノリツッコミとは何か、という問題については
今年の年頭に 

ベートーベンのヴァイオリンソナタ第5番 「春」 を
鑑賞しながら書いた文章があるので


ここでは割愛したい。

どちらにしろ、ザ・パンチの芸風に以前も今も
ノリツッコミというような部分はまずない。

しかし、「どんなボケ芸が見られるか」
ということよりも、今は
「ボヤキながらどんなツッコミがあるのか」
という関心をもたれているには違いない。



ねぇ~お願い
耳かきしながら転んでぇ

殺傷度       ★★★
精神的ダメージ  ★★★★


ねぇ~お願い
砂漠でラクダに逃げられてぇ

殺傷度        ★
精神的ダメージ  ★★★★★
※ ラクダが逃げるのは法律用語でいうところの
   「未然の故意」 みたいなもので、殺傷度は低くした

ねぇ~お願い
ホットコーヒーをストローで飲んでぇ

殺傷度        ★
精神的ダメージ  ★★

ねぇ~お願い
最前列で相撲観て力士に押し潰されてぇ

殺傷度       ★★★
精神的ダメージ  ★★★


ねぇ~お願い
サファリパークをママチャリで走ってぇ
カゴに肉とかいっぱいいれてさぁ

殺傷度       ★★★★
精神的ダメージ  ★★★


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2008-12-18 20:06 | 草評


<< ザ・パンチの泣き(ボヤキ)ツッ...      ザ・パンチの泣き(ボヤキ)ツッ... >>