2009年 01月 10日

モンスターエンジン西森のラップはいい

年末に、モンスターエンジン(お笑い二人組 吉本興業所属)の
大林のギターをほめたが
西森の鉄工所を題材にしたラップも実にいい。

最初は、イロモノとして聴いていたのだが、
実際にやっている鉄工所での風景を歌い込んでいる
彼のラップは、ちゃんと歯車がまわっている感じがする。

イロモノとしてのラップが、案外と本道のところを突いているという
印象があった。

モンスターエンジンの大林と西森の二人には、
「ひまをもてあました神々」
のコントや漫才(これも年末のM-1グランプリで披露した)の
ライヴだけでなく、音楽のライヴもやって欲しいという
気がしてきた。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-01-10 21:58 | 草評


<<  「荒ぶる」 と 幻の歌 「ア...      半ドア生活 (6) コールマン... >>