2009年 02月 20日

ひっぴい の えんど?

この前の日曜日の夜、何という番組かも知らないが
FM放送のラジオで坂崎幸之助がDJをしている番組で
和幸(かずこう)という、その坂崎幸之助と加藤和彦が組んだ
ユニットのセカンドアルバムである 「ひっぴいえんど」 という
アルバムの収録曲の多くを紹介していた。

いい意味でマニアックで、その凝りに凝った作りを楽しんでいる様子も
ラジオからでも聴取ることができた。
なかなか見事な 「本歌どり」 だなぁと、聴きながら感じた。

そして、DJ坂崎は自慢気に、「鈴木茂さんも参加してくれた」 という
ことを語っていた。

そして、一昨日あたりがその発売日だと思ったが、
そのタイミングで
「鈴木茂大麻不法所持で逮捕」
というニュースが飛び込んできた。

さらに、ここからが微妙な感想をもってしまうのだが、
はっぴいえんど の方のアルバムの発売元である
ポニーキャニオンは、鈴木茂関連(もちろん はっぴいえんどを含む)の
アルバムの発売停止と楽曲の送信停止を決めた。

ひっぴえんど の方は、発売元がコロムビアであるが、そういうニュースは
まだないようだ。

「スポーツ界と音楽界は違う」 とか
「覚醒剤ではないから」 とか
「個人のアルバムはともかく はっぴいえんどはバンドだから」
とか、何を言っても中途半端な意見になってしまうなぁ。
法律違反は法律違反だし。

とはいいつつも、はっぴいえんど の楽曲が発売停止ということに、
何だか高校野球の出場辞退のような風潮を感じてしまうのだった。

この風潮の 「風をあつめて」 というのはご免だなぁ、ということだけを
漠然と思うのだった。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-02-20 17:29 | 草評


<< 草仏教経済学(3) 自動車      マーヒー マーフィーズ(MUR... >>