草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 27日

すべる話 (1)

b0061413_1165141.jpg 2003年まで、新潟駅の南口に新潟アイスリンクがあった。冬は巨大なスケート場で夏は巨大なプールになる施設だったのだが閉鎖されてしまった。もともと新潟県はよく雪の降るところなので、スキーやスノーボードの競技者や愛好者はとても多いと思うが、それに比べるとスケートの競技者や愛好者は少なくはなかったけれども決して多くはなかった。娘がトリノオリンピックの荒川静選手の演技に魅了され、「スケートをやってみたい」 と言われた時には、その新潟アイスリンクは閉鎖されていたのでとても困った。さらに困ったことに、荒川静選手の演技は金メダルを獲ったのでテレビで何度もプレイバックされ、そのたびに「スケートに行きたい」と言われて困った。畳の上で荒川選手を真似る当時の娘が、ちょっと不憫(ふびん)ではあった。

b0061413_1172613.jpg その間に、今年の今月になるまでスキー場には何度か連れていったものの、スケートリンクとなるといちばん近いところで140㎞離れた柏崎市になるのだ。「どうせ冬に出かけるならスキー場がいい」と、この数年ごまかしてきたが今年の冬はスキー場の雪のコンディションも不安定だったので柏崎アクアパーク アイススケートリンクに家族5人で出かけることにした。というわけで、私自身がものすごく久しぶりにスケート靴をはいてみた。いつものバカな妄想だが、国際的フィギュアスケートの大会にマーヒーが出場して演技らしきものをしたら、いったい何点くれるのだろうか?好きなクラシックの曲にいちおう合わせて高さが5センチ程度の半回転ジャンプを中心にシングルアクセル、ハーフトゥループ、半回転サルコウ、手をバタバタさせながらスピンらしきものをやって技術点と芸術点はどれぐらいいただけるのだろうか?まさか高校時代の物理の中間テスト以来の0点なのだろうか?


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-02-27 01:17 | 雑草


<< すべる話 (2)      抽象観念で観戦する早慶戦 >>