草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 06日

オッパッピィ と オッペケペー

けっこう前の話であるが、
私の父に孫たち(私の娘と息子)が

オッパッピィ ! 

と言ったので、父は私に

「オッパッピィとは何か?」

と尋ねてきた。

「本人の小島よしおの定義によれば、オーシャン・パシフィック・ピースという
ことだそうだ」

と答えると、

「なぜ大西洋上の平和なのか?」

と真面目に、また尋ねてきた。

「大西洋はアトランテックだ。パシフィックは太平洋だね。
ともかく、太平洋だろうが大西洋だろうが関係なく、
オッパッピィは一種のナンセンス・ギャグだね」

と解説してやると、

「それでは川上音二郎の オッペケペー のようなものか?」

と、再三、質問してきた。
川上音二郎と小島よしおの両者を知る者というのは、
今の日本の人口分布のなかでもどれくらいなのだろうか?
オッパッピィが自由民権運動の流れの延長線上にはないこと
だけは確かだろうと思う。
あと、川上音二郎は福沢諭吉の書生だったという経歴があるが、
小島よしおは大隈重信の創始した早稲田大学出身といういう、
そういうつながりが・・・・・・あるとは言えないなぁ。

しかし、オッパッピィ と オッペケペー の連想すらしかかった私には
たいへんに意外性に満ち、言われてみれば 「なぜ今まで考えなかったのだろう?」
というぐらいの指摘だった。

川上音二郎。
明治時代にアメリカ公演を成功させ、
1900年のパリ万博での 「オッペケぺー節」 の収録が、
日本人初のレコーディングである。
日本人の録音物は、オッペケペーからはじまっている。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-03-06 21:25 | 草評


<< おにぎりハウス      コッヘル9番 ロコモコラーメン >>