2009年 03月 10日

WBC 韓国戦でのウェーブ

WBCの東京ラウンド、久しぶりに野球を見た。(テレビだが)

韓国との2戦、日本が大差でコールド勝ちした第1戦と、逆に0-1の
スコアのまま最後まで緊迫した展開のまま負けた第2戦。
どちらも終盤に球場全体にウェーブが起こったシーンが、
直接のゲーム展開とは関係ないところだが、実に興味深かった。

第1戦は、終盤のイニングの変り目にウェーブが起こった。
東京ドームのウェーブを追うテレビカメラにもそういう意図が
あったと思うが、
韓国の応援団がウェーブに参加するのかどうか?
という関心をもっていたら、参加していた。
大差のゲーム展開で、点を取合った1回の表裏以外には、
韓国の応援団としても球場に駆けつけて盛り上がれる要素が
少なく、半ばヤケクソ気味に参加してくれていた面もあったと
思うが、 
「韓国応援団がウェーブに参加してくれた喜びの歓声」
というものが沸き上がっていたのだが、
これは今までになかったパターンのように感じた。

第2戦の方も、これはイニングの変り目ではなくて
球数制限もあって非常に頻繁な投手交代の合間に
起こったウェーブだったが、
(投手交代に起こるウェーブは、点差の緊迫もあるので、
ちょいと微妙な問題だったが・・・)
1点差ながら負けているホームの応援にウェーブが球場に
巻き起こるというところに
「第1戦のウェーブに応じてくれた御礼」 のような観衆の意図を感じた。

そして、テレビカメラは第2戦の方ではウェーブ全体をカメラは追って
くれなかったのだが、ときおり起こるいっそうの大歓声は、
韓国応援団のウェーブ参加なのだと、音声だけでわかった。

それにしても、韓国の若き左腕、柳賢振はいいピッチャーだなぁ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-03-10 16:15 | 草野球


<< 2歳の夜      コッヘル10番 アフター・ザ・... >>