2009年 03月 11日

コッヘル11番 友近(ともちか)風大根餃子

b0061413_19443397.jpg 昨月の2月中旬の息子の7歳の誕生日。誕生日には何を作って欲しいか?と尋ねたところ、「ママに友近の大根餃子を作って欲しい」と即答した。張りきってダッチオーブンの手入れをしていたパパ(私)はちと哀れ。 しかも、大根餃子というのは、テレビ朝日の50周年記念番組の一環での 「いきなり黄金伝説!」 という番組のなかの 「ひと月1万円節約生活」 という企画のなかで、友近(ともちか)というお笑いタレントが作っていた節約メニューなのだ。 というわけで、録画しておいたレシピを参考にママ(シャラポア・日本人)が大根の薄切りにツナとタマネギとニンニクのみじん切りにタレで味付けをしたものを包んで焼いただけのものが息子の7歳の誕生日のディナーとして出てきた。焼いている途中から、非常にいい香りが漂ってきていたのだが、美味しいものだった。大根を焼いたものというのは、実は横浜の中華街の老舗の中華料理店なんかで出てきたりする。節約料理ではなくとも、今後は私の方からたびたびリクエストするメニューになるだろう。

[PR]

by kaneniwa | 2009-03-11 19:55 | 草外道


<< 久しぶりにクイズです      2歳の夜 >>