草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 03月 19日

明日のWBC 勝った方はいかなる振る舞いをすべきか

今日、ガソリンスタンドで僧衣姿のまま給油をしてもらっている間、
スポーツ新聞を読んでいると、一面は 昨日、野球のWBCで
日本に勝った韓国チームがサンディエゴのペトコパークのマウンドに
国旗(太極旗)を立てている写真がトップで、
さすがにこれは嫌な気持ちになってしまった。

1998年のサッカー(FIFA)のワールドカップの時、快進撃をした
韓国チームは地元でトルコとの3位決定戦を戦い、
トルコに敗れて4位となったものの、試合後にはトルコ選手と
ジャージを交換し、肩を組みながらスタジアム内を一周した。

当時のトルシエジャパン(トルシエ監督率いる日本代表)が、その場に
いて、3位、もしくは4位の状況でその光景が見ることができていれば、
どんなに良かっただろうかと思ったものだった。

韓国チームの日本チームに対する敵意はただごとではなく、
まあそれがプレーぶりにガッツを与えているということに関しては、
ケンカ上等とはいえないが、ハッスル上等というぐらいの気持ちだった。

でも、聖域かどうかはわからないが、(聖域だと言う人もそりゃいるだろう)
野球場のマウンドというものは、少なくとも特定の国のものではない。

明日、韓国が日本に勝ったとして、マウンドに太極旗をまた立てるというような
ことがあれば、世界中の野球人から非難を浴びると思う。
これは韓国のために心から忠告したい。

そして、日本が勝った場合の振る舞いに、これにいちばん注目したい。
日の丸をマウンドの上に立てるというのが、これが多くの人がちょっとは
考えていることだろうと思うが、この振る舞いが最低最悪だろうと思う。
もともと国別対抗のWBCなのだから、多少のナショナリズムへの思い入れを
込めて応援するということはあるにしろ、韓国の発想の延長線上での行為になる。

勝って当然という態度が、たとえ延長戦での1点差を制したゲームであっても
もっと韓国には効くだろう。

さらにおすすめしたいのが、このブログ記事が20時間以内に原監督や
日本代表チームの誰かに届く可能性はゼロに近いとは思うが、
韓国に勝ったら、全員、高校野球球児の頃の気持ちになって、
あの素晴らしいドジャースタジアムのマウンドを中心にグランド整備をして欲しい。
「そういう場所なんだよ」 ということを韓国選手に教えてあげるということで、
礼節を重んじる儒教文化がまだ残っている韓国に対しては、
これがいちばん効くと思っている。

マーヒー加藤

※ 準決勝から、会場はロサンゼルスのドジャースタジアムで行なわれると
  思っていたら、3月20日の試合もサンディエゴのペトコパークが会場でした。
  訂正というほどではないですが、ちぐはぐな文章になってしまいました。
  
[PR]

by kaneniwa | 2009-03-19 16:57 | 草野球


<< 昨日のブログ記事の勘違い。      オヤジギャガー (14) 今日... >>