2009年 03月 23日

WBC いろいろとほめたい

法事をつとめていてところどころしか見られなかった
WBC の 日本 VS USA 戦をいそいで録画再生。

まず、主審のエンメルさんをはじめとする審判員をほめたい。
MLB特有のアウトコースに甘くインコースに厳しいジャッジだったが、
両チームともコントロールのいい投手がきわどいところばかり突く投球だったのに
ボールとストライクの基準が明確だった。
フェアな審判ぶりだと思った。

やっぱ3年前のボブくんとは大違いだ。
ここでもメジャーとマイナーの格の差を見せつけてくれた。

記録員の志しの高さも (妙なほめ方だが) びっくりしながらほめたい。
8回の川崎の打席、ランナーを3塁に置いて三遊間の深いショートゴロ。
ヤンキースのジーターが取って深いところから
スナップスローとはいかないが腕の力だけで矢のような送球。
その送球がわずかに高めに浮いて川崎はセーフ。
貴重な追加点をもぎ取ったのだが、
驚いたのが記録が内野安打ではなくてジーターのエラー。

別に同じ時間帯にやっている日本の高校野球なんかを基準には
していない。

左打席に入った俊足の川崎が三遊間の深いところにゴロを打ち、
それこそジーター級の一流ショートでなければアウトになんかできないだろう。
実際に、録画したHDを見直してみれば、確かに送球が一塁手の胸元から下の
ノーバウンドならギリギリでアウトにしていたタイミングだったが、
これをエラーと記録するところに記録員の恐るべき志しの高さを感じた。

これまでの試合でも、外野手がギリギリに追いついていても最後の最後に
グラブからボールがこぼれ落ちたらヒットではなくエラーと記録されて
いるのに驚いた。
エライといえばエライ。

最後に、元近鉄の加藤哲郎(元投手)はエライ。
ミクシィという会員制ブログのためにリンクを貼ることができない
のがとても残念なのだが
「一語一恵」 と題された加藤さんのミクシィのWBC期間中の日記は

イチロー選手ほどの実績の選手が13打席ノーヒットで苦悩する姿を
よく見るべし、世界一のヒットメーカーがたった一本のヒットを打てずに
あれだけ苦悩するのだ

という趣旨の文章など実に読み応えが
あるのだが、今回のUSA戦について
(1) 先制点はUSAが取る
(2) 5回までに追いつけば日本が勝つ
(3) そして日本が勝つ

というように、まさに展開まで含めて的中していた。
実は加藤哲郎さんの予想は、
「USA戦に勝利すれば、日本は連覇する」
ではじまっていた。
その通りになって欲しいと思った。
加藤哲郎投手の予想で外れるのは昔むかしの
「巨人打線よりロッテ打線の方が怖い」
(近鉄がその時に日本シリーズを戦った相手が巨人だった)
だけであって欲しいと思った。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-03-23 14:10 | 草野球


<< 連覇 おめでとう       明日はいよいよ ドジャースタジ... >>