2009年 05月 01日

コッヘル25番 ハンバーガー・オン・ザ・コッヘル

b0061413_034031.jpg ファーストフード店との付き合いをどうするか?という問題は、特にお子さんがいらっしゃる家庭では大なり小なり考えられた経験があると思う。 「ファーストフードとは断絶する」 というのがひとつの答えだ。 しかし、それでは子どもが成長した将来に一人暮らしなどを始めた時に反動で毎日ファーストフード漬けの生活になってしまうかもしれない。また大型チェーン店のファーストフードは製品にアディクト性をもたせるように必死の努力をしている。 そこでうちが用意した答えが  「ファーストフードとは断絶はできない。なんせ親がけっこう好きだったりするもの。その代わり、ハンバーガーやフライドチキンといったものこそなるべく家庭でも作るようにして、ハンバーガーならMより美味しい、フライドチキンならKよりこっちが好きだと子どもたちに言わせるように努力しよう」 というものだった。 いわば、「いいアメリカ料理を家庭で作ろう」 という方針である。 いずれこのシリーズにも書くと思うが、フライドチキンの分野では 「Kのものよりうちのダッチオーブンで揚げたチキンが美味しい」 と子どもたちに言わせることに成功している。今回はハンバーガーである。1枚目の写真では 「これがハンバーガー?」 というほどの華がないシロモノであるが、これが子どもに 「MやMOよりもこっちが断然好きだ」 と言わせることに成功したハンバーガーであった。  




b0061413_075382.jpg ハンバーガーを作るにはまずハンバーグを作らなければならない。材料である。中央にまず合挽き肉である。これは好みであるが牛肉100%よりも豚が入ったハンバーグの方が美味しいと思う。右からまずリンゴ、ニンニク、タマネギ、そしてご飯。ご飯(炊いた白米)なんていったいどうすんの?と言われるが、しゃもじでペースト状にした後に混ぜ込んでしまう。これがつなぎというのかノリの役割もしてくれてタマネギやリンゴから水分が出ても焼き崩れがしない。そしてまさに隠し味というべきか、挽き肉に混ぜたペースト状のご飯はまさに隠れてしまう。誰もこのハンバーグのなかにご飯が入っているなんて思わない。 美味しい!と思った市販ハンバークの成分表を見ていて 「米」 と書いてあったのでビックリしたことがあったのだ。

b0061413_0181374.jpg ハンバーグを焼くのにもスキレットが非常に便利である。便利であるというよりも、スキレットで初めてハンバーグを焼いた時に 「スキレットよ、お前はハンバーク専用器なのか!?」 と思ったぐらいによく出来たのだ。それからもスキレットはいろんなものの専用器にして万能器として台所に君臨している。なのでちょっとぐらい重い(6キロ以上7キロ近く)ということは苦にせず使っている。あらかじめ熱した(プレヒート)したスキレットの上に置いたハンバークは実にいい音をたててる。何かの音楽のサンプリング音にもしたいぐらいだ。ただ、ハンバークをテーマにした音楽というものはなかなか思い浮かばない。嘉門達夫がアリスの「チャンピオン」をパロった 「ハンバーガーショップ」 という曲がわずかに浮かんだぐらいか。

b0061413_032309.jpg ほどよく焼けたところを見はからい、おたふくお好み焼きソースにケチャップを混ぜたなんちゃってデミグラスソースを塗り、その上にとろけるタイプのスライスチーズとトマトをのせる。 さて、ハンバーグをはさむパンであるが、これはバンズを探して買ってくるかとか、小麦粉をドライイーストで発酵させてハンバーガー用のバンズを作るか?などと考えたのだが、いろんな理由でそのこだわりを捨てた。 ひとつ目はテレビでボストンの老舗(というか伝統のある)のハンバーガーショップが紹介されたものを見たことがあるのだが、そのお店ではバンズではなくてよくある食パンにハンバーグをはさんで食べていたのである。 ふたつ目は、マクドナルドのメニュー表の単品のビッグマックやチーズバーガー、フィレオフィッシュ群をひとまとめにさりげなく書いてある「サンドイッチ」 の文字。 まあ家庭でバンズを作るとなるとハンバークを作るよりもそっちの方が大変だし、パンはサンドイッチ用で良しとせい。

b0061413_0354052.jpg ちなみに、東京の浅草の「ジロー」 というお店のハンバーガーは実に美味しいものだったが、メニューにはなぜかそれが 「ホットドック」 と書いてあったような気がする。まあ ラーメンのことを 「ソバ」 というようなものなのか。違うか? 最後に器でもあるコッヘルであるが、本日は最後の仕上げにちょっとだけ調理器具、しかも、なんちゃってホットサンドメーカーとして活躍してもらう。薄切りのサンドイッチ用のパンではさみ、ちょっとだけ焦げ目をつけるだけ。レタスをはさむかどうか迷ったが今回は省略。 これで最初の写真に戻る。最初の写真のものを見せて人は何と言うか? 「サンドイッチ?」 と言うだろうか。あるいはマクドナルド通は 「サンドイッチ」 と疑問符を付けずに断言してくれるだろうか。 「ホットドック?」 と浅草のジローの常連は言ってくれるのだろうか。 相撲取りは 「ちゃんこ!」 と断言してくれることであろう。 「ごっつあんです」 と食べて欲しいものだ。



追記 この記事を書いた後に確認のためにネットで調べてみると、
    私が大好きだった浅草の ジロー は 2005年頃に
    なくなって、今その場所はスターバックスになっているそうです。

    スターバックスは嫌いじゃないけれども、
    ジロー は実に風情があり浅草情緒のあるいいお店でした。
    残念です。

 さらに、やっぱりハンバーガーらしいバンズのバージョンも載せたくなり、
 翌 5月2日に補足を書きました。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-05-01 01:14 | 草外道


<< コッヘル25番の補足      カラオケ日記 >>