草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 07日

コッヘル35番 焼き竹の子 BBQソース

b0061413_1911692.jpgまずはシンプルに竹の子を焼いたものである。これに醤油をかけて食べる、あるいは塩で食べるというのがオーソドックスないただき方である。その王道の魅力を十分に把握しつつも、たまにそれを焼き肉のタレなどで食べてみる。写真のものはジンギスカン用の、普通ならラム肉によく合うタイプのタレなのであるが、焼いた竹の子にも非常によく合った。タレの甘みがマッチするのだ。醤油や塩の場合であるとBBQでの調理であっても「和食だなぁ」という感触が先に来るが、このソース(タレ)で食べてみると「BBQだなぁ」という感想を強く持つ。どっちがいいか、どっちが好きかというよりも、このBBQソースでいただくというバリエーションを得て、醤油や塩という王道の良さも再認識できる。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-06-07 19:04 | 草外道


<< コッヘル36番 蕗と竹の子のタイタン      コッヘル34番 竹の子のカレー >>