草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 11日

コッヘル39番 竹の子のスパゲティ トマトソース

b0061413_055957.jpgトマトソースではあるけれども、ナポリタンに近いものになったかもしれない。でもケチャップは使ってはいない。挽き肉と刻み野菜にトマトジュースを加え、即席に近いパスタソースを作るのであるが、その刻み野菜類の主役として竹の子を刻んだものを使う。味付けはコンソメも少々入れるが、ほぼ塩のみである。トマトジュースにすでに塩が入っている場合は、その分を加減する。仕上げには鉢植えで育てているバジルの葉っぱを散らす。(2枚目の写真)


b0061413_063272.jpg 茹で時間が10分のスパゲティ(パスタ)があるとすると、8分少々で引き上げて、1分少々、パスタソースの入った中華鍋かダッチオーブンのなかで加熱しながら両者を混ぜる。好みはあるが、このやり方が簡単なアルデンテの作り方であると思う。 白ワインが竹の子の風味とも実によく合う。最初はこういう料理をわざわざコッヘルに盛りつけるのを怪訝(けげん)そうに見ていたシャラポア(妻・日本人)であるが、最近はすっかり協力者になってくれて、ステンレス製のアウトドア用ワイングラスまで買いそろえてくれた。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-06-11 00:10 | 草外道


<< コッヘル40番 竹の子のスパゲ...      コッヘル38番 竹の子ピザ >>