草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 14日

南無阿弥陀仏とアメイジング・グレイス(8) 試訳編(1) Amazing

Amazing grace how sweet the sound
That saved a wretch like me.
I once was lost but now am found,
Was blind but now I see.

今年は、この1番の歌詞を日本語にしてみようと思う。
日本語で、意訳、もしくは超訳気味であったとしても
できればここにこもった 言霊(ことだま) のようなものを
少しでも拾いたい。

Amazing  という最初の言葉の言霊をひろうために
何度も Amazing Amazing と口にしてみる。
Amazing Amazing と、念仏のように称えてみる。
何度も歌ってみる

辞書的というか、常識的に、まず 「驚き」 の言霊が Amazing には含まれている。
どういう驚きかというと、これは文脈のなかの関係性もあり、 「賞賛すべき」 言霊が
たっぷりと成分として含まれている。

この Amazing というキーワードには 「不思議」 もしくは 「不可思議」  という
訳をあてはめてみたくなった。
「不思議」 とか 「不可思議」 という言葉は現代ではネガティブな意味でも
使われることが多くなってしまった言葉であるが、基本的には賞賛の言葉であった。

つまり、思議(頭での思考)ではわからないものに出会った驚きの言葉だ。
思議では不可なのだ。

くしくも、Wonderful ! という賞賛の言葉はwonder(不思議)の形容詞形だ。
この Wonderful という賞賛の言葉は、たとえば英語圏からの旅行者が
新幹線のなかで富士山を見て発する場合をたとえに出すとして、
旅行プラン通りに予定していた(思議)とおりに富士山を見た場合には
なかなか出てこない言葉のように思う。
プランには入っていなかったのに予想に反して富士山を見たということなら
Wonderful ! なのだろう。
もしくは、プラン通りなのだがその人にとって富士山の美しさが思議していた予想を
はるかに越えていた場合に Wonderful ! なのであろう。

出会いで言えば meet ではなく encounter なのであろう。
思議して想定していた出会いならば meet であろうが、
不可思議な、想像もしていなかった出会いは encounter  で、
森のなかで熊さんに出会ったというのは、英語バージョンでどう歌われているのか、
あるいは英語バージョンというものがあるのかどうか知らないが、
きっとmeet (met) ではなくて encounter (encountered )
だという気がする。

というわけで、 Amazing には、邪道かもしれないが、邪道でも
道の大まかな方向はそう間違っていないという言霊への霊感があったので、
「不思議」 もしくは 「不可思議」 という言葉を使いたい。

次回は、the sound というキーワードの言霊を感じてみたい。

霊媒師みたいだな。

マーヒー加藤
 
[PR]

by kaneniwa | 2009-07-14 03:22 | 草仏教


<< 今日のアクセス数の激減は・・・      南無阿弥陀仏とアメイジング・グ... >>