草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 24日

コッヘル55番 タモリ風茄子とトマトのサラダ

b0061413_0384654.jpg 2004年の8月か9月の放映だったので、かれこれ5年近く前の放映だった。最近、VHSのビデオテープを仕舞い込んだので、今年の夏はまだ見ていないのだが毎年、夏になると1回はその5年近く前に録画した 「タモリ倶楽部」 という深夜番組の 「八百屋で飲む」 という企画のVTRを見た。 その放送は、井筒和幸監督とアリtoキリギリスなどのメンバーで世田谷区の八百屋を占拠し、その店先でタモリが野菜料理を作っていき、それをおつまみにしながら臨時に置かれたサーバーからの生ビールをみんなで美味しそうに飲むという、素晴らしい企画だった。そこに登場した7種類のタモリオリジナルの野菜料理はみんな素晴らしかった。そのなかで、今回は番組に出てきた茄子とトマトのサラダにちょっとアレンジを加えたものを作ってみた。




b0061413_0393855.jpg 番組(タモリ倶楽部)で実際にタモリが作った手順は 1 トマトを茹でて皮をむく。 2 茄子に細かく包丁で切れ目を交互に入れて茹でる 3 すりゴマとタレで全部を和える というものだった。 茄子に細かく包丁を入れる代りに、私の場合は切って茹でてしまう。さらに、皮をむくだけでなく、熱が入ったトマトというものもパスタソースなど他の料理でその良さを知っているつもりなので茹でてしまう。さらに、ついでにモヤシもいっしょに茹でてしまう。 こうしてみると、タモリのオリジナルをかなりいじっているが、「タモリ倶楽部」 のその回の放映をVTRで何度も見て、何度も作ってきた上で私に合わせた改作である。これはモヤシを加えるというよりも下に敷くと実に相性がいいと感じたのだ。

b0061413_040693.jpg しかし、タモリの包丁さばきは超一流だ。テレビによく出てくる料理学校の校長の服部幸應(ゆきお)さんなどは、料理の知識はスゴイが包丁さばきは私から見てもへたっぴで、タモリの隣では恥ずかしくて料理ができないぐらいだと思う。 そして周知のとおりタモリは対談の名手である。昼間の番組での対談より、昔の 「今夜は最高!」 での対談などは傑作が多かった。岡本太郎がゲストだった回など、今でも時々思い出すことがあるぐらいだ。 TBSの 「チューボーですよ!」 の堺正章もさすが隠し芸王であって包丁さばきをはじめ調理が巧みだ。そして、この長寿番組のおかげでますます上手くなっている。しかし、この番組、タモリ司会の方がより輝く気がしている。ものすごくバカみたいな話をしつつ、ゲストの素顔を引き出す力があるのではないだろうか。そして、提供のサントリー(キリンとの合併で今後はどうなるかな?)のビールを旨そうに飲みつつ料理を作れば、スポンサー(どうなるかな?)も喜ぶことだろう。 ちなみに 「チューボーですよ!」 の 「街の巨匠」 であるが、巨匠たちのお店のビールはサントリーを出すところがまずほとんどだ。 (これも今後、どうなるかな?)


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-07-24 01:20 | 草外道


<< マーヒーの大予言 (1)      コッヘル54番 ゴーヤチャンプ... >>