草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 29日

自由民主党が行なう民主党へのネガティヴ・キャンペーンは明らかに逆効果だよ!

衆議院議員選挙は、すでに期日前投票をシャラポア(妻・日本人)と
ともに済ませてきた。

直前まで迷ってはいたが、印刷物をきっかけに迷いがなくなった。



直前まで迷ってはいた。
私はいろんな選挙で自民党から出た人や自民党が推薦した人に一票を投じたことも
けっこうある。
現新潟県知事の泉田さんの二回の知事選挙の時もそうだった。

選挙で輝くタマを選び抜くということに関しては所属政党や、
どの政党が推薦したかよりも大事な要素があることも多いからだ。

今回の衆議院議員選挙というところでも、最後まで自民党の候補者に一票を入れる
選択肢がないわけではなかった。
比例代表に 自民党、 あるいは 自由民主党 と書く選択肢がないわけではなかった。

でも、なくなった。

自民党に入れたなら 「ポスティングされた印刷物が効果をもってしまった」
ということになっちゃうからである。
それが 「こういうのは逆効果になっちゃうのだよ」 
と意思表示する選択をせざるを得なくなった。 

このたび自民党がポスティングしてきた3種類 (調べると8種類ほどあるみたいだ) の印刷物は
「このパンフレットは、政党の自由な政治活動であって、選挙期間中でも、自由に配布できます」
と最後に書かれていたが、ほとんど中傷ビラであり、ほとんど怪文書という内容だった。

今までの各野党が作ってきたパンフレットやビラというのも
政権与党の政策の不備を突いたり、批判をすることは中心でさえあったので、
ネガティブ・キャンペーンそのものがいけないとは思わないが、
「だからこうしていく」 という意思表示に批判も意味があるのであって、
今回、ポスティングで頂戴したビラは内容があまりにもお粗末だった。

「民主党は十人十色」 という表題のようなところまでは正しい。
いろんなところで民主党には一本化されていない具体的問題がたくさんあることは、
誰でも知っていることだろうと思う。

しかし、今回もらったビラはその十人十色を特定の団体や組織と結びつけ、
十人十色の民主党をその特定団体や組織とイコールと印象づけようとする
矛盾に満ちたものだったからだ。

私はヘンな文章は大好きだが怪文書は大嫌いだ。
 「政党の自由な政治活動」 に対する率直な感想を述べることも自由で
あろうと考えるので、こりゃ酷い怪文書だと言う。

その印刷物の紙の質がとてもいいことにも腹が立ってしまった。


中京大中京と日本文理高校の激戦の決勝戦があった夜、
その試合を目当てに報道番組を見まくったが、選挙戦の報道の
「それではこちらの激しい戦いはどうなっているでしょうか?」
というようなアナウンサーの言葉に 「とんでもない!」 と口にした。

日本文理高校の選手たちは、あと一球で終わってしまうという状態から
何度もファールで粘り、きわどいボール球をクールに見逃し、
ねらい球を全身全霊でのスィングでヒットにしてつなぎ、あと一歩まで追い上げて
賞賛される準優勝を負けて勝ち取ったのだ。

同じ 「なりふりかまわない」 でもまったく違う。

「追いつめられた時に本性・本質が出るものだ」 ということだけを
日本文理高校からも自民党からも、ともに学ばせていただいた。
日本文理高校野球部には賞賛をこめ、自由民主党には皮肉をこめ。

民主党が中心になった政権ができるのは多くの人が予感していることであり、
同時にその十人十色の特徴によってかなりの混乱が起き、ほぼ1年後に
衆参ダブル選挙が起こることもまた少なくない人が予想していることである。
その場合にも、いかに新政権がヘボであっても今後自民党には入れたくないと
思わせてくれる印刷物だった。

「これが本性か?」 と思わせてくれたからだ。
願わくば自民党のなかから 「こんな印刷物はいけなかった」 「許せなかった」 という
人が何人も出てくれることだけは最後の期待としてとっておきたい。

日頃いろんな人とお付き合いをさせていただいき、このブログはいろんな人に
読んでいただいているので、なるべくハッピーニュースの連鎖を願った記事を優先して
私自身が楽しむことを中心にすえているつもりなのであるが、
自由民主党の 自由 とは、 今回のような 「政党の自由な政治活動」 と
明記された自由のことなのかと考えたら情けなくなって書かずにおれなくなった。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2009-08-29 00:55 | 草評


<< 粒焼(46) 朝起きたら・・・      名曲草鑑賞(18) 小林万里子... >>