2009年 09月 18日

コッヘル79番 白貝 (貝のBBQ)

b0061413_23515020.jpg アメリカ開拓期のオランダ商人のようにダッチオーブンの宣伝マンでありバーターとなってしまった今日この頃であるが、今貝と次貝のコッヘルナンバーにダッチオーブンは登場しないので、ダッチオーブンの購入に迷っておられる方も安心してお読みいただきたい。ただし、調理場所はやっぱりこれも野ガイであり、携帯電話の電波も圏ガイ。 炭火焼きであるが、何と炭火で焼くまで生きていたタフガイだ。生きていたものを殺ガイしてしまった加ガイ者意識があったが、お味の方は 「案外ナイスガイ」 というような感想を越えて、いつでも青田ガイをしてやりたいという気持ちになった。まるで巨大なアサリのように貝の滋味にあふれつつ、甘さの成分が多く、そしてほんの少しニガイ。白貝を試してみたのはまちガイではなかったと年ガイもなく興奮した。また白貝でBBQをやりたいというのが私のねガイ。生きガイになるかも。

b0061413_2353089.jpg 白貝、長い。奇想天ガイというほどではないが、私には珍しいものだった。あつカイが解らぬ門ガイ漢だった私。ふガイない話だが、いつも持ち歩いている 食品サンプルのウニ を商店ガイのなかで取り出すのが恥ずかしかったのでサイズがわからない写真になったが、意ガイに大きい。なぜか 「森鴎外も予想外」 というフレーズが頭に浮かんだ。ジョイマンにこのフレーズを使ってほしいなぁ。見当ちガイ?お門ちガイ?  さて、値段も法ガイというどころかサイズからすると安く感じた。実際に、一足ちガイで売り切れになるところだった。そう、もちろんカイしめました。読む人にとってたいガイは有ガイなダジャレはネタも切れかけているのでこの辺で終わる。さて、白貝はサラ貝とも呼ばれ苫小牧から室蘭にかけての北海道の海でよく採れるそうだ。ホッキ貝漁のついでに採れる副産物のようなものだそうだが、副産物がこんなに美味しくていいのかい? 

b0061413_23533459.jpg 「百貝あって七輪なし」とよく言うが (うち以外そんなに言わないってば) この日は七輪に代ってダッチオーブンなしのダッチオーブン台(焚火台)を使って炭火の網焼きにする。網の半分にアルミホイルを貼る。アメリカの「バーベーキューの王様」であるスティーブン・ライクレン師匠がいつもこうやっているので真似ている。アルミホイルを貼らずにシャラポア(妻・日本人)がBBQを始めようとした時には 「ちょっとマテ貝!」  と声をかける。 炭火が強くなってコゲ味との戦いとなり、素材を緊急避難させる時なんかはアルミホイル部分があるとつくづく重宝する。 白貝は生きているので動く。動いて地面に落ちないように、その動きを統制しやすい網のアルミホイル部分で管理する。やりガイのある仕事というわけではなかったが、こうするのが良かった。(結局、いきちガイがあって最後までダジャレを貫いてしまった手ちガイをお詫びいたします)


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-09-18 01:00 | 草外道


<< コッヘル80番 ホタテ (貝の...      コッヘル78番 岩牡蠣 (貝の... >>