2009年 09月 30日

コッヘル84番 NAIL(ナイル)のプレート

b0061413_16164266.jpg コッヘルシリーズに外食ものが初登場。 金属製とはいえこのお盆の役割をしているプレートをコッヘルと呼ぶことに無理があることは承知の上で、新潟東港近くのエスニック料理店についてこの数日間ずっと書いてきたこの流れにのらないとブログ記事にすることはないと思うのでとりあげた。 鎌倉にはロッキーカップ(シェラカップの深いもの)で食事を出すお店があるそうだし、京都市役所の近くの 「ムガール」 というインド人が経営するインドの家庭料理のお店では 「おお、これはコッヘルじゃないか!」 というような食器が使われていた記憶がある。 そう書きながらでも・・・ちょっと無理があるかもなぁ・・・とは思いつつ、カレー、ライス、タンドリーチキン、ガーリックナン、サラダがのったこのプレートをコッヘル84番としてみたい。 NAIL(ナイル)のメニューはたいへんに多いのだが、メニューごとに味付けというかスパイスの配合が違うのがさずがだ。  学生時代にカレーをよく作ったのだが、今考えると普通の日本人としてのスパイスの知識しかないのにさまざまな香辛料を買い集めてきて自己流でカレーを作っていたのは健気(けなげ)にさえ思える。 味見をして 「うーん、何か足りない」 とか 「うーん、何かが過剰だ」 という感想はもつものの、その 「何か」 がまったく何だかわからない。スパイス配合の基本などまったくわからないままに怪しげな実験をしているようなものだった。 しかし、自己流スパイス調合というものをやってみたことは怪しげではあっても無駄ではなかった。市販品のカレールーの驚くべきバランスの良さも、こういう料理店のカレーのすごさにも両方、素直にうなずくことができるようになったのだから。 ちなみに、タンドリーチキンに関してはダッチオーブンをタンドリーに見立ててやってみたいとは思った。ちょっとだけ怪しげな実験になるだろう。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-09-30 16:46 | 草外道


<< 月間別検索ワードランキング 草...      新潟東港 NAIL (ナイル)... >>