草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 17日

娘の描いたゆるキャラ特集 (2)  うさチョビ

b0061413_23413254.jpg 娘が描くゆるキャラはうさぎが多い。うさぎ年生まれではないのだが(父である私がうさぎ年だ)、うさぎに親しみをもっているみたいだ。そして耳が長いので描きやすいのかな? 0点うさぎ に続いてのうさぎを題材にした娘のゆるキャラを紹介したい。 この うさチョビ というキャラは、タマゴから生まれてくるうさぎだそうだ。すでに誕生からしてほ乳類のカテゴリーという殻をやぶって登場するんだな。 しかも、娘がこの絵を描きながら語ってくれたストーリーによれば、このうさチョビはものすごい手に負えないほどのいたずらっ子で、うさチョビ自体は可愛いどころかものすごく憎たらしいそうだ。 でも、生まれる前のタマゴが、これが可愛いそうだ。 で、人間がうさチョビのタマゴを見つけると、何だか可愛いので放っておけなくなって思わず持ち帰って暖めてしまうそうな。 すると、ある日、ものすごく憎たらしいいたずらっ子がタマゴのなかから生まれてきて大暴れしてしまって手を焼いてしまうそうな。 で、ブログの掲載のために昨晩、娘に 「もうちょっと うさチョビのことを教えてくれ」 と頼んだら 「うさチョビ?何、それ?」 と、思いがけない返答があった。 確かに半年前のことではあるものの、娘はこのストーリーはもちろんのこと、うさチョビ という自らネーミングしたキャラのことも、この絵をホワイトボードに描いたこと自体もすっかりと忘れ去っていた。 そういうものなのか? 写真を撮っておいて良かった。

マーヒー加藤 & その長女(10歳) 
[PR]

by kaneniwa | 2009-10-17 00:02 | 雑草


<< 追悼記事(15)  加藤和彦さん      ドラえもん、キティちゃん、ミッ... >>