2009年 11月 21日

コッヘル96番 小倉トースト

b0061413_2241632.jpg 10年ぐらい前にテレビで90歳の現役のお医者さんが、この40年ぐらい毎日の朝食が小倉トーストだというトピックを見たことがある。もしも、今でも現役でいらっしゃったとすれば、100歳を越えられて50年以上毎朝小倉トーストを召し上がっておられるのだろう。 確か、そのお医者さんは小倉トースト発祥の地である名古屋のお医者さんだったと記憶している。 トーストにバターをたっぷりと塗りその上に缶詰の小倉あんをのせる。 甘くてハイカロリーであるが、なんせ長寿にして現役バリバリだったお医者さんの習慣なのだ。この食べ物が健康にいいということよりも、朝からこれを旨い旨いとほおばれるその方の独特の生活リズムのようなものが活力につながるのではないかという感触は得た。  「バターが旨い!」 と思わせてくれる。バター抜きでは小倉トーストよりもアンパンの方が魅力的な気がする。 小倉トースト、実にいいものだ。 ただ、私の場合は毎朝というのはご勘弁。 月に1回ぐらいが私にはいいようだ。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー 
[PR]

by kaneniwa | 2009-11-21 22:12 | 草外道


<< 粒焼(54) 東京湾      娘の描いたゆるキャラ特集 (6... >>