草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 18日

コッヘル99番 牛すじ (おでんメニュー)

b0061413_1315288.jpg 一時期、牛すじを柔らかくすることに執念を燃やしたことがある。赤ワインにひと晩漬けておくということもやったことがある。確かに柔らかくなる。圧力鍋を使った時期もある。それも柔らかくなる。 でも、最近はやっぱりダッチオーブンで最初軽く焼いてからコトコト煮込む。これで薬味のカラシと日本酒が抜群に合うものになる。 牛すじが入ったおでんというのは昔は関西特有のものだった覚えがあるが、最近はどこの地方のコンビニでも牛すじがあり、ただ置いてあるというだけでなくかなり広範囲な地域で大根の次ぐらいの人気メニューとなっている気がする。 ただ、全国のコンビニをめぐったわけではないので、たとえば静岡県のコンビニはやはり静岡おでんを置いているのか?などという疑問はある。

b0061413_1325870.jpg うちの家庭でも牛すじは大人気である。入っていないとダメだということではないが、牛すじがない日のおでんは三人の子どもたちのテンションがやや下がる。(それでもおでんは大好物のようなのだが) 「冬場にコンビニで働いている人を食事に誘う日におでんを作っちゃダメだよ」 とシャラポア(妻・日本人)に言われたことがある。理由は、いつもレジ前に置かれた湯気が漂うおでんの香りをずっと嗅いでいるので、メニューをおでんにすると 「またこの香りかよぉ」 ということになってしまうからだそうだ。 うかつにも2年ほど前にコンビニでバイトをしている青年に 「うちで飯を食っていけよ」 と誘った時に牛スジを中心にしたおでんを作ってしまったことがある。 ところが、その青年は 「うめぇうめぇ、超うめぇ。ヤバイッスよこれ!」 と実に美味しそうにうちの牛すじをたくさん食べていってくれた。 ちょっと自信をもった次第である。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2009-12-18 01:54 | 草外道


<< 草図(11) 秋田県乳頭温泉郷...      草仏教掲示板(28)  自分の... >>