草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 17日

コッヘル102番 西尾一男のピザ

b0061413_2111135.jpg ようやく大晦日に録画してあった 「ガキの使い 絶対に笑ってはいけないホテル」 を見ることができた。 友近 が扮する 「ピザ屋の西尾一男」 がどこで出てくるのかを楽しみにさぐっていたら 「ホテルで行なわれた結婚披露宴で新郎のバイト先の上司からのスピーチ」 という設定で登場していた。 やたら 「段取り」 ということばをキーワードに、ピザのサイズのことを 「寸法」 と言い、トッピングのコーンを 「きび」 と言う。 もう確か3年目なのであるが、ピザ屋の西尾一男が登場し、それらのフレーズが放たれることを楽しみにしている自分がいる。 

b0061413_2112018.jpg きび をトッピングしたピザの寸法はM寸。材料を段取りして南部鉄の阿蘭陀鍋といわれるもので焼きましたんや。南部っちゅーても青森県南部の南部鉄ではおまへんで。亜米利加の南部ですわ。そんで南部鉄ですわ。亜米利加という表記が分かりにくかったら、メリケンですわ。ア、メリケンやで。そんでメリケン粉をこねましてな、そんなもん発酵なんてせんでええねん、バーッと焼いたらええんや。そんで上にきびをのっけてやね、あとは南部鉄の阿蘭陀鍋に任せとったらええんや。そんで熱いうちにガッーと食べたらええんや。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2010-01-17 21:30 | 草外道


<< 追悼記事(17)  浅川マキ さん      粒焼(65) セクト >>