草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 31日

コッヘル104番 煮タコ (おでんメニュー)

b0061413_23505694.jpg コッヘルに盛られたのはタコの頭の部分と足の切れっ端。おでんに入れるとダシも出てダブルラッキーという感じがする。おでんにつきもののカラシもバッチリと合う。 タコがおでんに入るのは主に関西ではないかと思っている。関西人はB級グルメのエース格であるたこ焼きもあるし、タコの消費量は関東よりもかなり多い気がする。 関西発(だと思う) 「牛すじ」 の方はコンビニのレジ売りのおでんなどでかなり全国区になったような気がするが、タコの方は(これは地方や店舗やPOSシステムでまちまちだと思うが)まだまだ全国的波及まではいっていない感じがする。どうも推量形の文章が続く。おでんはけっこう地域や店舗の特色が入るからなぁ。みなさんのスタンダードとするおでんにタコ入っていますか?うちのおでんに入る確率は40パーセントぐらい。入ると私は嬉しい。 

b0061413_2351468.jpg 大阪の中心も中心、あの道頓堀のすぐ近くに 中座 という劇場があった。藤山寛美が松竹新喜劇の本拠にしていた場所だ。学生時代(学生時代は昔になったなぁ)に喫茶店か何かで文春か新潮か、とにかく全国誌だったと思うのだが 「私の大好物を紹介します」 というカラーグラビアの特集があった。そこに藤山寛美が出ていた。藤山寛美といえば借金王でもあるが高額所得者としても関西では有名な人だった。 「どんな贅沢なメニューが大好物なのか?」 と関心をもって読むと 「中座の舞台下手側ロビーのおでん屋さんから出演の時には楽屋に毎回必ず出前をさせるおでんの盛り合わせ」 とあって、そのカラーグラビアのおでん盛り合わせが実に美しかった。あんな美しいおでんの絵(写真)は見たことがなく、その中心には竹串に刺したタコの足があった。 中座は350年も続いた演芸場であったが1999年に廃止が決り、解体工事中に法善寺横町にまで延火する大きな火事を出してなくなってしまった。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー 
[PR]

by kaneniwa | 2010-01-31 00:25 | 草外道


<< 月間別検索ワードランキング 草...      ある楽器の物語 (3) >>