2010年 02月 25日

解説とアナウンス抜きで見たら凄味が伝わってきた

今日の夜8時頃、NHKで
アナウンサーと解説者の音声抜き、
つまり会場の音声だけのバージョンの
冬季オリンピックの女子フィギアスケートSP(ショートプログラム)の
浅田真央とキム・ヨナの演技を流していた。

さすが点数だけをとっても断トツの二人だ。
その凄味が伝わってきた。

音楽にどれほど合わせるように氷上で舞っているのかが
何回転ジャンプが成功したのか失敗したのかとか、
どれぐらいの難度のスピンをしているのかという声の音声抜きで
音楽のピアニシモの部分でも滑る音はほとんど聞こえずに
ジャンプから降りた着氷の音がかすかに聞こえ、
間を置かずに大きな歓声が聞こえてくる。

(日本時間の) 明日の決勝が楽しみだ。
どっちらも失敗はすることなく
最高レベルの名勝負を見せてほしい。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-02-25 23:51 | 草評


<< 選曲も注目の対決 浅田真央とキ...      鈴木明子選手が誰かに似ている >>