2010年 03月 08日

コッヘル110番 ホタルイカのアボガド醤油ワサビ風味

b0061413_1284512.jpg 昨日は12年目の結婚記念日だったなぁ。ともかくホタルイカが旬だ。これが全部ワサビだったらかなりのワサビ好きでも泣いてしまうだろうがワサビは少し。緑色のほとんどはアボガドである。森のバターである。森のバターと海の幸の取り合わせは寿司、というよりもSUSHIのカリフォルニア巻き(巻きというよりロールか)でおなじみであるが、色の取り合わせの妙もありたまにはこういう食べ方をしてみた。ホタルイカがたっぷりある時にはこれはなかなかいいと思う。ホタルイカがあんまりない時にはアボガド抜きのオーソドックスな和食としての味わい方がいいと思う。 「キレのいい直球があってこそ変化球も活きてくる」 という投手出身の野球解説者がよく言うフレーズが頭に浮かんだ。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2010-03-08 01:36 | 草外道


<< テレビCMから見る時代の風      田中宏和の 名前さえあればいい... >>