草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 23日

Wコロン の ねづっち の 「整いました」 は速いなぁ

なぞかけ という昔からある言葉遊びに
脚光を当てているのが Wコロン である。

お題が出されてから  
ねづっち(根津 俊弘) が

「整いました」

と言うまでのタイムは、
平均して3秒ジャストぐらいではないだろうか。
格闘技ならまさに 「秒殺」 である。

今年1月に ダウンタウンの番組の 「山-1グランプリ」 に
出た時にも 平均2秒から3秒で お題に対するなぞかけを披露していくので
てっきりヤラセではないかと思った。

そして、出されたお題に対して 作ったなぞかけの出来が悪いなら
別に驚かないが (でも全部の出来がいいわけではないが、それは当たり前)

たとえば 「民主党」 というお題を出されて2秒後に
「整いました」 と言い。

「民主党とかけて野球と解く
そのこころは 
党首(投手) もいれば 保守(捕手) もいます」

というぐらいのレベルのものを連発する。
私ならそのお題に対して三日間ぐらいかけても
「整いました」
と言えないし、さらにそれでもねづっちレベルに達するのは難しい。

Wコロンがウケてきた理由のなかで大きいのが、その
即興なぞかけという芸 (久しぶりに芸人というにふさわしい芸だ)
とともに

「整いました」

のひと言が大きいのではないだろうか。

「整いました」 という言葉で、その2~4秒でなぞかけが出来たという
スピードに 「もう整ったの?」 と驚かせるとともに、
整った内容に対して聴衆(テレビ視聴者も含む)の耳をグッとひきつけて
「その整った内容をはやく聴かせてよ」
という心理を喚起する効果をもっている。

今の私も 「整いました」 のひと言が言いたくて仕方がなくなってしまった。
シャラポア(妻・日本人)から買い物などをたのまれた時にはその内容を素早くメモし、
シャラポアが予想するよりもはるかに速くそれを買いそろえ、
シャラポアが予想するよりもはるかに速く帰宅して

「整いました!」

と言うのが楽しみである。
洗濯物の取り入れと整理をたのまれた時も同様である。

シャラポアは、なんでマーヒーがこんなにいい子になったのか不思議がっているが、
Wコロンのねづっちの秒殺芸に由来しているということには
まだ気がついていない。

マーヒー加藤

※ 今、Wコロンがフジテレビ系の 「爆笑レッドカーペット」 に出ているのだが、
  シャラポア(妻・日本人) は NHKの 「龍馬伝」 を観ているので
  引き続き、まだ気がついていない。
[PR]

by kaneniwa | 2010-05-23 20:13 | 草評


<< アウディA4      コッヘル122番 鰹のたたきサラダ >>