草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 15日

粒焼(75) 矢野貴章

FIFAワールドカップの日本VSカメルーン戦

もし、これが他国同士の対戦だったならシュートが少ない
おもしろくない試合だったが、やっぱり日本の知っている選手が
それぞれに泥臭くも体をはって動き回っているのが伝わってきたので
あっという間の90数分間だった。

「勝てる」 と思ったのは交代選手がFW(フォワード)の岡崎選手に続いて
やはりアルビレックス新潟のFWの矢野貴章選手を投入した岡ちゃん采配だ。
これがDF(デフェンス)の選手を投入していれば、ただでさえ下がっていた
DFラインがもっと下がってしまって同点弾を浴びていた気がする。

もう1回、矢野貴章選手が投入される機会があって
彼が得点を入れるシーンがあれば、厳しい予選突破が見えてくる。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2010-06-15 01:46 | 雑草


<< おお!レゲエ      粒焼(74) ブブゼラ >>