草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 30日

誰も駒野を責められない

FIFAワールドカップのベスト16
日本対パラグアイ戦を観終わった。

PKを外す時の嫌な予感はけっこう当たってしまう。
アメリカ大会の時に、体力的に極限状態だった
バッジオ(イタリア)がPKをはずしてしまう予感は充満しており、
その通りになってしまった。

しかし、今回も体力に余裕があった途中交代で入った選手では
「絶対に入れなければならない」 というプレシャーから、
かえって外してしまうということになるだろう。

やはりPKは、「こいつなら外しても仕方がない」 という選手が
蹴りにいかねばならず、延長を含めて120分間戦い抜いた駒野には
そこに行く資格があったのだと思う。

日本側のキッカーで最初に登場した遠藤には、
是非とも 「大阪名物コロコロPK」 を披露して
「この大舞台でやるのか!?」 と世界を驚かせ、
ついでにパラグアイのゴールキーパーとキッカーの
調子を狂わせてほしかったという思いもあるが、
遠藤は比較的正当に決めたというのも、
本田が割と軽く決めたというのも、
これもいいのではないだろうか。

そしてPKを決め、自らはドイツのリーグでプレーをする
キャプテン長谷部が
「Jリーグを応援して盛り上げてください」
と試合の直後にいったのも、これもまたいい。

誰も駒野を責められない。

ただ、5人のPKというくじ引き度が高くあっけない
ルール自体を責めたくなる。

11が蹴って、倍の距離からのフリーキックに挑戦すれば
ポイントも倍というぐらいのルールにして欲しい。

とにかく、「頼りない監督とダメな子たち」 と言われたチームが
素晴らしいチームパフォーマンスをみせてくれた。

「やっぱり予選突破も極めて難しいのではないか」
と思っていたことも懺悔となり、日本代表の
毎試合のギリギリの健闘を讃えたい。





b0061413_3365018.jpg

[PR]

by kaneniwa | 2010-06-30 05:36 | 雑草


<< 明日(7月1日)からの草仏教ブ...      私の好きなアウトドア用品メーカ... >>