草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 29日

草仏教経済学(19) 今できる消費

台風が来た夜にキャバクラに行ったことがある。
モテモテだった。

食中毒を出してしまった行きつけの居酒屋に
営業停止開けの日に飲みに行ったことがある。
大歓迎され、それ以降はいつでも好意的に
迎えられるようになった。

今回の大震災がなかったとしても
世の中から見放されかけていて
ご商売をあきらめかけていたところもある。

全国にチェーン展開をする大手も大変だけれども、
商店街のなかのお店のなかで普段でもあんまり人気がないところ、
そういうところにお金を使ってみるというのがいい。
ひと言でもふた言でも、マニュアルではない言葉が交わせるところがいい。

マーヒー加藤



[PR]

by kaneniwa | 2011-03-29 20:08 | 草評


<< 草仏教経済学(20) あえて、...      草仏教経済学(18) こんな時... >>