草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 15日

岩手県気仙郡住田町のとりくみ

町の面積の9割が森林であり、
林業を主体とする町であるから
できるといえばそうだが、
岩手県気仙郡住田町は
町の予算から2億円以上を出して
地元の木材を使ったぬくもりのある仮設住宅
の建設をすることにした。

プレハブよりも時間はかかるかもしれない。
(ただ、わからないが、もしかしたらこちらの方が早いかもしれない)

林業の町であるから、地元の経験者が森林をプランニングしながら
新たに植林もしながらの計画であろう。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-04-15 11:14 | 雑草


<< 釣りバカ日誌6      今夜、ハモネプの春の全国大会 >>