草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 20日

なでしこにバラの花

また、なでしこJAPAN(サッカー日本女子代表)
の話題になってしまうが
やっぱりこれが嬉しくて仕方ない。

自分はテレビから声援をおくっていただけなのだが
「なでしこ世界一」
などの見出しが踊る新聞の一面トップを見ていると
やっぱりじんわりと感激する。

今年の3月11日以降、
新聞の一面トップの大きな文字の見出しは
I read the news today oh, boy.
(A Day In The Life : The Beatles )
という感じの
「これが現実のことなのか?」
と深くうなだれることになるものがほとんどだった。

まだ彼女(なでしこ)たちが帰国の直前、
ドイツのフランクフルトに居る時に
次々と祝福のビデオレターが届き、
それを喜びの表情で見るなでしこたちの姿がテレビに
映っていた。

もちろん、あの試合を制してW杯をとったばかりなので
どのビデオレターにも満面の笑みが満開だった。

しかしそのなかでも特別だったものが三浦和良のビデオレターだ。
モニターに三浦和良の姿が映ったとたんに
澤穂希キャプテンをはじめ、ほとんどのなでしこたちが

きゃああああー!

という嬌声をあげた。

W杯のピッチには現在までに一度も立っていない三浦知良が、
キングと呼ばれる所以を知ることになった。
ほとんどのなでしこたちが今回のキャプテン澤穂希選手の背中を追ってきた。

そして、そのキャプテン自身を含め、三浦知良が切り開いてきた道を
最大限リスペクトしてきているということが感じられる声だった。
W杯の制覇者となったクィーンたちが

きゃああああー!

なのである。
やっぱキングなのである。

そしてその三浦知良がお祝いのメッセージを述べた後、

「バラの花をもって祝福に駆けつけようかな」

と言った瞬間、また再びひときわ大きく

きゃああああああああー!

という嬌声が響いた。
サッカーに恋してきた少女たちの顔だ。
みんな、本当に可愛いなぁと思った。
可愛かった。

テレビ画面が安藤梢選手のアップになったので
可愛くてたまらん感じになって
思わずテレビ画面にほおずりをしたら
瞬間に画面がビデオレターの三浦知良に切り替わって、
キング・カズとほおずりをしてしまった。

ま、いいか。

私も純粋にリスペクトできる人に出会い、
可愛くならねばと思った。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-07-20 23:59 | 草評


<< 今日の正午でアナログ放送は終了...      苦しい時には私の背中を見なさい... >>