2011年 08月 31日

第14回 青春アカペラ甲子園 ハモネプリーグ全国大会寸評

優勝はできなかったけれども
京都の同志社大学の ウィズ というチームの
ボーカルの ほーりぃ の歌声にはゾクゾクした。

この ほーりぃ と
滋賀の滋賀医科大学の 食後3錠 というチームの あっちゃん という
まったくタイプの違う二人の女性リードボーカルの出現に
我が家は沸いた。

新たな才能の登場とその輝きに惜しみなく拍手をした。
あっちゃん の魅力を語ってもいいのだが、
彼女はやはり美声の医者になるべきだとして
ほーりぃ はやはりプロ歌手になるべきだと思う。
国際基督教大学の ICU49 という帰国子女を中心にしたチームの
レディ・ガガを聞いた直後であるのにもかかわらず、
ほーりぃ の歌詞のなかの英語の方がメッセージ性と魂をともなった声として
私に届いてきた。
ただ上手いだけでなく、ただ黒っぽいだけでなく、
ゾクゾクさせながら心の琴線と涙腺をゆさぶる才能をもっている。
ゲスト審査員のmihimaru GTの阿久津博子が
「ライブをやることがあったら日程を教えてね」
と言ったことは、お世辞ではなかったように思う。

優勝した神戸大学の グランコロン おめでとう!

そして私が大好きなハーフタイムショーのボイパリーグ優勝者の
あんぽ くんの歌いながらのボイパという妙技には唸った。
あんぽ くんはかつて10代目の「マルコメくん」だったというが、
9歳の時からのハモネプファンの彼が成長し、
ボイパの妙技自体もどこまで進化するのか?という興味は尽きない。

優勝チームの審査結果が出るまでの間、
RAG FAIRのメンバーを中心にしたプロたちが
 「上を向いて歩こう」
を歌い上げてくれたのだが、
これが感動的だった。

NHKの のど自慢 でも審査結果が出るまでにプロの歌手が歌う。
それは 「見本をみせる」 とか 「プロの凄みをみせつける」
という意味が過剰なほどにあると思う。
しかし、RAG FAIRの歌声に
むしろ全国から集まったアマチュアたちの歌声に感化されたというか、
インスパイアーされたというか、そんな響きがこもっていたように思えた。
特に初期のハモネプにレプリカのメンバーとして出ていた
RAG FAIRの オッくん の全体を包み込むようなボイパは、
「これがボイパの役割なんだ」
と語りかけてくるようだった。

フジテレビは大晦日あたりに、
学生選手権ではなくてサッカーの天皇杯のようなオープン選手権として
ハモネプリーグの全国大会をやって、
その決勝戦をやればいいと思う。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-08-31 02:07 | 草評


<< 仮想別荘      自由からの逃走は全力疾走で行け! >>