2011年 11月 02日

コッヘル154番 かきのもと(菊の花のおひたし)

b0061413_0195569.jpg 花を食べる人っていうのはどんな人?インドネシアの王様は、花を食べるのが好きだと聞いたことがあるぞ。それからまったく知らないか、もしくは「えらい懐かしい話をするなぁ」という人がほとんどだと思うが、プロレスラーのボボ・ブラジル(ウソかまことか九州地方でのみ単にブラジル選手と呼ばれていたとかいかなったとか)は試合前のセレモニーで受け取った花束を野性的にリングの上でむさぼり喰った。今考えると、その時の花束は白か黄色が多かったので、あれは菊だったという気がする。今から検証するのは難しいが… ともかく菊は日本の東北地方、特に山形県を中心によく食べられているし、山形と隣県である新潟県でもよく食べる。食用菊を新潟県では(他の地域でももしかしたらそう呼ぶところもあるかもしれないが)「かきのもと」と呼ぶ。だし汁でのおひたしに、ちょっと酢を足すというところが多いみたいだ。今回は紫色のものを使ったが、なんせ菊の花であるから彩りは美しい。食用の菊の花を使った料理コンテストなんかあれば色鮮やかでいいと思う。その料理コンテストの名前は、やっぱり「菊花賞」がいいねぇ。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-02 00:35 | 草外道


<< シャラポア(妻・日本人)お気に...      ものまうす >>