草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 17日

シャラポア(妻・日本人)撮影のライオン

b0061413_032247.jpg11月6日、私はシャラポア(妻・日本人)にライオンの写真を撮ってきて欲しいと依頼をした。その目的はちょっとバカらしいことだ。昨年、2010年が寅年だったのだが、軽いボケをかますためにライオンの写真が欲しかった。他にネコ科の干支はないようなので2022年まで待たなければならないが「10年構想のボケ」というものがあってもいいじゃないかと思った。さて、ライオンを撮ってこいといってもザンビアやタンザニアまで行ってもらうのもなんだし、群馬サファリパークでもなく京都市立動物園に行ってもらった。一枚目、タテガミが立派なライオンの雄。金網越しは仕方ないとして、なかなかよく撮れている。 





b0061413_033891.jpg もう一枚の写真はこれだった。この写真をきっかけにインターネットでライオンの生態を調べに調べてみたが、こういうフォーメーションを組んでこういう体勢になる時間はとっても短いみたいだ。こういう期間(一週間ぐらいだと言われる)のスープレックスホールドの回数は多いみたいだが、その1回1回はプロレスのカウント3ぐらいに短時間であるようだ。その瞬間をシャッターでとらえているシャラポアは何というか、偉いというかご縁があるというか。京都市立動物園に子ライオンが誕生すれば、何はともあれ祝福したい。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-11-17 00:44 | 雑草


<< 草仏教掲示板(35) 今、いの...      コッヘル155番 天然舞茸のすき焼き >>