草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2011年 12月 21日

名曲草鑑賞 (29) バーベキュー・ボブ( Barbecue Bob)のバーベキューブルース(Barbecue Blues)

パソコンのなかの音楽の 「アーティスト検索」 をしていて
自分でもちょっと驚いたことがある。

ウィリー・マクテル
レモン・ジェファーソン
ウィリー・ジョンソン

という私の好きなブルーズ系のミュージシャンが
それぞれ

Blind Willie McTell
Blind Lemon Jefferson
‪Blind Willie Johnson‬

というように、すべて B ではじまる項目で整理されていたのである。
バディ・ガイ(Buddy Guy) や ビリー・ブランチ(Billy Branch)
などもそうなのだが、その部門には何といっても
B.B."Blues Boy"キングと称される、
完璧な B である B.B.キング(B.B.King)が鎮座している。
今、ネットで「B.B.キングの血液型は?」と調べてみたがわからなかった。
何だかB型でなかったらおかしいぐらいの完璧なBである。
AB型でも違和感を感じるぐらいだからA型やO型なら幻滅だ。

ビッグ・ビル・ブルーンジー(Big Bill Broonzy)の曲も
パソコンにけっこう入っている。B・B・Bである。

ブルーズでありジャズであり、
2000年にはロックの殿堂入りもしているので
ジャンルを超えた存在であるが、
ビリー・ホリディ(Billie Holiday)の音源が多数ある。

そしてジャズでは ビル・エバンス( Bill Evans)がいる。
何だかんだ言って、CDの枚数でいえばビル・エバンスの音源を
ジャズではいちばん多くもっている。

レゲエでは絶対的な存在のボブ・マーリー(Bob Marley)がいる。

フォーク・ロック・ポップスの部門もかなりBがいるが
まず代表的なのは ボブ・ディラン(Bob Dylan)だ。

ビートルズ(BEATLES)のCDはまだパソコンに入れていない。
もしかしたら THE BEATLES として T ではじまる項目に整理
されていくのかもしれないが、これもBに入るのか?

そして、ファーストネームではないけれども
パソコン検索での「アーティスト名」では
クラシックの3B(バッハ、ベートーベン、ブラームス)も
B の項目に入ってくるので、Bの項目は大いに混み合っている。
もしかしたら、もっている音源の半分ぐらいが B なのかもしれない。

そして最近になってまた、好きになった B が24曲入った。
バーベキュー・ボブ(Barbecue Bob) キングがつかない B・B である。








バーベキュー・ボブはアトランタのバーベキュー屋さんで働いていて、
スペアリブなんかが焼き上がる間に愛用の12弦ギターでブルーズを歌い
チップをもらっていたという。

ウィリー・マクテルもそうであるが、この1920年代から
12弦ギターというものを愛用している人が少なからずいるのに
驚いたりする。
私は1977年にイーグルスの
「ホテルカリフォルニア」のイントロの音で12弦ギター存在を
初めて知った。
(そのギターが日本のタカミネ製であったことも驚いた)
倍音の出方が強烈で、ギターでありながらインドのシタールのような
響きがあるところが魅力的だ。

バーベキュー・ボブのギターの音は、音源が古くて
写真でいえば粒子が荒いモノクロ写真であるのだけれども、
よく聞き続けていると、普通のギターの音ではない倍音の響きを
感じ取ることができる。

ジョージアの じぇにーさんのブログ のコメント欄に書かせてもらったのだが、
焚き火 というものは人間にとってエンターテイメントの基本形のような
気がする。
焚き火がピンとこなかったなら、
「炭火も含む焚き火でのバーベキュー」
がエンターテイメントの基本であるという説をとなえたい。
焼く素材が羊であろうが鹿であろうがマンモスであろうが、
太古から、あるいは原始からのエンターテイメントだ。
「血沸き、肉踊る」 というのはまさにこのことを言うのだろう。

時間にして1時間ではまったくもの足りない。
かといって4時間を超えるとどこか間延びする。
演劇、コンサート、スポーツの試合、
まあ6時間を越える熱演や熱闘というものもあるにはあるが、
どうも2時間30分ぐらいを基本にした
エンターテイメント時間というものの根本が
焚き火(とバーベキュー)というものに
あるような気がしてならない。

さて、歌詞の方では
「朝起きたら〜」
というブルーズの常套句というか定型フレーズが、
相当昔からあるということにも気がつく。

ブッダという言葉、 仏陀(Buddha)といえば固有名詞でもあるが、
今でもインドでbuddhaというのは「目覚める」という意味であるから
朝、目を覚ますことを言う日常語でもあるのだ。

そうか! 偉大なる聖者をあらわす固有名詞でも日常語の動詞でも、
まず B といえば BUDDHA だ!

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2011-12-21 00:32 | 草評


<< ギャンブルで大きく負けない方法      コッヘル159番 充血目玉焼き >>