2011年 12月 25日

コッヘル160番 フライドチキン醤油味

b0061413_21511911.jpg ファジー・ゼラーというゴルファーの「差別発言」というものがあった。マスターズでは前年度優勝者がトーナメント開幕前に主催する「チャンピオンズ・ディナー」というものがある。前年の優勝者がそのディナーのメニューを決めるのだ。1997年マスターズで、当時21歳のタイガー・ウッズが黒人選手として初の優勝を決めた後、45歳のゼラーが「彼が来年(チャンピオンズ・ディナーの主催者として)フライドチキンやコラードグリーンを注文しないように言ってくれ」と話した場面がアメリカのCNNテレビで放映された。フライドチキンやコラードグリーンは、一般的に黒人が好む食べ物であることから、ゼラーの発言は「人種差別発言」の非難を浴び、彼はスポンサー契約解除などの社会的制裁を経験することになった。ゼラーはタイガー・ウッズに謝罪をしたが、この発言の波紋はすっと広がり続けた。ただ、1998年のチャンピオンズ・ディナーのメニューにフライドチキンがあった(こういう情報を私は実によく覚えているのだなぁ)と知った時に、密かに喜んだ。

b0061413_21513580.jpg ケンタッキーフライドチキンの創始者であるカーネルサンダースおじさんはダッチオーブンに似た器具で大量に美味いチキンを揚げたといわれている。現代のケンタッキーフライドチキンの店舗でも、形はダッチオーブンとは似ても似つかないものの蓋をしてかなりの高温で一気に揚げるというところは伝統を継承しているようだ。ダッチオーブンは揚げ物専用としてもすぐれものだが、最初は揚げ物にリッド(ふた)をするのが怖かった。鋳鉄の重いリッドが吹っ飛ぶわけはないのだが、リッドをすると中から異様な音がしてくる。怖い。しかし、慣れたらその音の具合で絶妙な揚げ具合がわかるようになってくる。KFCも恐らく創成期の方が抜群に美味しかったのではないだろうか。ところで、今年の隠れたヒット商品は冷凍食品の「唐揚げ」や「フライドチキン」であったそうだ。なぜか?東日本大震災の影響が考えられる。被災地の需要が多くあったということも確かにある。ただ、被災地に限らずに「身近なごちそう」としてフライドチキンというものが大きく見直されたということがあるのではないだろうか。チャンピオンディナーでなくても、フライドチキンが食卓にあって家族に活気があると「これでいいのだ、これがいいのだ」という気持ちになってくる。


マーヒー加藤 

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2011-12-25 22:33 | 草外道


<< 新潟市「コンチェルト」の閉店      ギャンブルで大きく負けない方法 >>