草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 16日

ブログ7年目にしてついにシャラポア(妻・日本人)の写真が初登場!

お前はいいから、シャラポア(妻・日本人)の近影をブログにアップしてくれ
という世論が高まっている。
同窓会などに出た際にその声はいっそう高まる。

実生活でもシャラポアは、当然のごとく私よりもはるかに人気者である。
それに加えて、その断片をブログに時々記しているだけで
ネット上でも私より人気があるようだ。
「シャラポアさん本人のブログが読みたい、ブログ書かないの?」
という意見もよく聞く。
「シャラポアとは、刑事コロンボにおけるうちのカミさんのように、
 架空の存在ではないのか?」
という、思わず「違がわーい!」と反論したくなる意見もいただいた。

シャラポアは昔はデザイン学校の職員だったので
昔のマッキントッシュを使いこなしていた時期もあったのだが、
現在、パソコンはGoogleで調べものをしたり、
Amazonなどを利用してお取り寄せをするぐらいであり、
デジタル文章を書くのは携帯メールを打つぐらいだ。
この草仏教ブログも、初期には月に一度ぐらいまとめ読みを
してくれていたが、今はほとんど読まない。
(それから、かえってシャラポアが文中によく登場するようになった)

シャラポアは書道をやっていて、かな文字を書くのが好きなので
パソコンをやっている時間があれば毛筆を持ちたいようだ。
(もっとも子どもたちが寝てからの時間、パソコンは私が独占している)

先日、ホイットニー・ヒューストン死去のニュースを受け、
警備員(ケビン)・コスナーがまさに警備員を演じた
「ボディガード」の「オールウェイズ・ラヴ・ユー」を
私とシャラポアがデュエットでカラオケで歌うところを
動画でアップしてくれというリクエストをいただいた。

それは、今、細かな立ち振舞などの所作も含めて精度を上げている
段階でもあるし、動画でボカシや目隠しの加工をするのは高度な技なので
現時点ではなかなかそのリクエストに応えられない。
ちなみに、シャラポア本人はシンディ・ローパーが好きだ。

ただ、今年の新年会でのシャラポア・マイク二本持歌唱之立像という写真があり、
なんとなくその1枚は私も公開したい気持ちになってきたのだ。
バックのライティング(照明)の具合が非常に良かった。
ストロボを使わなかったのも良かった。
シャラポアが、まるで後光がさした仏像のように見えてしまったのだ。

仏像としては(さすがに恐れ多い表現であるが…)
その左手のマイクは己の声が十方世界に届きますようにという
願いが込められており、右手のマイクは
その声を聞きしもの絶妙なタイミングでの呼応をせよ、
という意図というかメッセージがこめられている。
いわゆるひとつのコール&レスポンスを表現している像(図)である。

その写真のシャラポアの目線にペイントソフトでボカシを入れたり、
モザイクを入れることを試みたが、何だかそれをやっていると
せっかくのありがたい姿が一転して犯罪者に見えてきちゃった。

というわけで、バットマン風というか、怪しげな舞踏会風というか、
そんな仮面をペイントで書きこんで、
「これ、ブログに載せてもいいかなぁ?」
と尋ねると、案外とあっさりOKが出ちゃった。
しかも、

「わはははは、おもしろく撮れているねぇ、仏像みたいだなぁ…
 あっ、でも白毫(びゃくごう)がないよ、ねぇ、白毫がないと仏像じゃないよ!」

という、予想もつかなかったことを言い出した。
「聞いてないなぁ」と言いつつノリノリで準備するダチョウ倶楽部みたいだ。

さらに、

 「ダメダメ、肌色はもちろん白毫だからって白でペイントしても
  全然わからないよ、黒とか赤じゃないと!」

などということまで言い出した。
さあ、長くひっぱってしまって大変お待たせをいたしました。
ついに草仏教ブログのボスキャラであるシャラポアの登場です。
ボスキャラが出るとブログの最終回では?
と、ご心配をしてくださる方が一人ぐらいいらっしゃるかもしれませんね。
ご心配なく。
この人が私の妻である限り、書くことのネタが枯渇することは
なさそうです。

マーヒー加藤








b0061413_1505292.jpg 
[PR]

by kaneniwa | 2012-02-16 03:19 | 雑草


<< 草      プジョーだじょー! >>