草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 31日

肝に銘じる レバ刺し提供禁止に思うこと

b0061413_1322386.jpg ウニは久しぶりに登場した東京美研の食品サンプルで、私はブログでのサイズ比較用オブジェとして長年使用している。たっぷり胡麻がかかっているせいもあってこの写真では表現できていないが見事なあずき色の輝きをごま油の光沢に身を包みつつ放っている。先月、京都市左京区一乗寺の「いちなん」さんでいただいたものである。レバ刺し自体、久しぶりにいただいたこともあるが実に満足感が深かった。 昨年の4月27日に富山県で起きた「格安焼肉店によるユッケ食中毒事件」は実に悲惨であった。特に、10歳未満の子どもが死亡しているという重い事実には、同じ年頃の子どももいる立場のものとしてやりきれない思いがした。育もうとして食べさせたことで死なせてしまったのだ。そのことは肝に銘じるとして、人を育むため、人に活力を与えるために丁寧な管理と処理がされたレバ刺しと、人よりもコストを優先するような運営をしていた格安焼肉チェーン店のユッケとをいっしょにして欲しくないという思いはずっと持っている。新聞によれば、厚生労働相の薬事・食品衛生審議会というところが昨日、生食用牛肉(今までは内蔵は除かれていた)に続いて生レバーの提供を禁じるべきだという意見をまとめたという。まとめるな!人も年金も管理できないような厚労省に簡単にまとめてもらっては困る。そりゃ、一律に禁止にして違反者に2年以下の懲役か200万円以下の罰金を課すということにすれば責任は問われなくて楽チンだろう。管理っちゅう仕事はそんな簡単なもんじゃないのだ!私が厚労省の審議会にいたら「ふぐ調理師免許」のように「レバ刺し調理師免許」というものを新設することを提案する。食品衛生管理者や調理師免許というものは厚労省が認可する国家資格なのだが、ふぐ調理師免許は都道府県知事が認可しているということに気がついた。確かに海がない県にこの免許は不要だとは思うが「命に関わる度合い」としては大きいので不思議だといえば不思議だ。トラフグのレバーには1mgでマウスを1万匹も死亡させることが出来る猛毒「テトロドトキシン」が含まれている。生け簀からトラフグをさばいてくれるような高級店に行ったことはないが、すでにフグの美味を堪能するためにこの特別な資格者に「命預けてます」という現状はあるのだ。きっと特区好きの大阪市長などは「そうだ、大阪市内にレバ刺し特区をつくろう」などと、たった今思いつたところだぞ。きっと。ついつい特区ではトック(韓国もち)も注文しちゃう。 禁酒法時代の合衆国のように秘密の地下組織「レバ刺しクラブ」が各地にできるとは思わないが、禁止して闇に潜るよりは資格者を育成することに力を入れた方がいい。そして、レバ刺しで活力を養いたいなどと思う時に「安けりゃいいや」などとは思わないようにすることは食べる側の責任だ。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-03-31 14:27 | 草評


<< カリオストロの城のルパン三世と...      カラフル正信偈(4) 在世自在王佛所 >>