草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 07日

阪急電車が西武池袋線江古田駅に…(話の脱線)

映画の『阪急電車』を観終わった後の私(マーヒー加藤)と
妻(シャラポア・日本人)との会話である。

「芦田愛菜はなんでこんなに関西弁が上手いんだ?ホンマもんの天才子役だな」(マーヒー)
「確か芦田愛菜ちゃんは関西出身で小学校入学の時から東京で暮らしてるんだよ」(妻)
「えっ!ということは、関西弁が上手いというよりも標準語が抜群に上手いのか?」(マーヒー)
「だから天才子役なんでしょう」(妻)

『阪急電車』という映画は主演女優の中谷美紀は東京出身であったが、
この映画、かなり関西出身の俳優(特に女優)で
要所を固めている布陣をとっていることに気がついた。
まず、その芦田愛菜が兵庫県西宮市出身であった。
さらに

戸田恵梨香(兵庫県神戸市出身)
南果歩(兵庫県尼崎市出身)
谷村美月(大阪府堺市出身)
有村架純(兵庫県伊丹市出身)
相武紗季(兵庫県宝塚市出身)
鈴木亮平(兵庫県西宮市出身)
森田涼花(京都府京都市出身)
高須瑠香(大阪府出身とプロフィールにある)
玉山鉄二(京都府城陽市出身)

という具合に、高須瑠香が大阪府のどこかわからなかったが、
見事に関西出身、しかも阪急電車になじみのある阪急沿線の土地が多い。
ついでにいえば主題歌、エンディングテーマを歌うaikoは
大阪府吹田市出身である。
わはは、戸田恵梨香は『大洗にも星は降るなり』という
舞台劇ベースの映画を観た影響で、
勝手に茨城県の出身だと思い込んでいた。

さらになぜか勝手に連想してしまうのが

1番 センター 福本
2番 レフト 大熊
3番 ファースト 加藤秀司
4番 DH 長池(もしくは当銀)
5番 セカンド マルカーノ
6番 ライト ウィリアムス
7番 サード 森本
8番 チャッチャー 中沢
9番 ショート 大橋

投手陣が 足立、山田、山口高志、今井雄太郎
そんで代打の切り札が高井、というような
西本監督時代から上田監督になったあたりの
強くて人気はその強さの割りにはもうひとつだった
阪急ブレーブスのけっこう不動だったオーダー(を連想するという長い文章)
である。

ま、映画の『阪急電車』はなかなか良かった。
わははロケで堂々実名で登場する関西学院大学は
やっぱりホテルカリフォルニアっぽいな。
欲をいえば主題歌がaikoではない、もっとディープなところで
『阪神電鉄』
『南海電車』
『近鉄奈良線』
なんかを観たいなぁ。

首都圏編では
『西武池袋線』
なんかを観たいと思うが、思うに(って勝手に思っているだけだが)
『Shall we ダンス?』という映画が、すでに『西武池袋線』という内容だと思う。
(わかるかなぁ?わかんねぇだろうなー)

誰が考えたって『西武池袋線』という映画のタイトルだったら
『Shall we ダンス?』以上の物語は生み出せないと思う。
(なんのこっちゃ?)

ハリウッドがリチャード・ギア主演でのリメイク版『Shall We Dance?』を
作った時、かなりの部分が元の『Shall we ダンス?』の脚本に忠実だったことに
軽く驚いたが、無茶な寸評とは思いつつ、
「やっぱりハリウッド版には西武池袋線がない!」
とつくづく感じちゃった。
あれはやっぱり所沢の先の西武池袋線狭山ヶ丘駅近くに念願の一戸建てを手に入れた男が
江古田という駅で途中下車したくなるところで始まり、
劇中、江古田はずっとキー・ステーションであり続ける物語だ。
それがあの映画の肝である。レバ刺しである。

なんちゅうラインのない映画評(なのか?)だと思うが、
自分が学生時代のまま何となく、京都から梅田(大阪)までは
阪急電車で280円のままだと思っていたことに自分で笑った。
(現在は390円)
学生時代にタバコを吸っていて社会人になって止めた人が
セブンスターをずっと200円だと思っているようなものだ。
(現在は440円)

要するに、映画に思い入れがあるというよりも、
阪急電車と西武池袋線に思い入れがあるのかもね。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-07-07 02:37 | 草評


<< 愛着Tシャツ(1) nutsの...      名曲草鑑賞 (31) ゆずの「夏色」 >>