草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 24日

良寛から親鸞へ

厳しい修行でヘロヘロになり、餓死寸前のお釈迦様に
お粥&ミルクを捧げたインドの娘さんがいた。
その名はスジャータ。
今でもスジャータめいらくグループのブランド名としてスジャータはその名を残す。

さて、良寛牛乳という牛乳がある。
新潟県の出雲崎酪農組合の牛乳は「良寛牛乳」というブランドをもって供給されている。
リンクしているホームページ先では E-mailでの注文も受け付けてくれているようだが、
意外なところで無料提供されていて、この牛乳を味わうことができる。
8月24日〜8月27日の間、東本願寺三条別院 で行われている
朝の人生講座(午前6時〜)の後に、簡単な朝食(パンなど)とともに、この良寛牛乳のパックが、
確か先着150名様ほどに無料で提供される。
来る8月26日の朝の人生講座の担当は加藤真人(マーヒー加藤)。
ご来場いただけましたら、いっしょに良寛牛乳を飲みましょう!

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-08-24 04:29 | 雑草


<< 「埼玉貧乳問題」を問題視してみる      私の夏の高校野球総評 >>