草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 25日

コッヘル184番 カット茄子の浅漬

b0061413_2120238.jpg まだ続くコッヘル上の浅漬シリーズ。わざわざカット茄子の浅漬としたのは、やはり丸ごとの茄子も間を置いた後で改めてコッヘルナンバーを与えて登場させたいからに他ならない。小茄子や、あるいはもっと大きめの茄子の丸ごと漬けたものの美味しさについてはその時に語るとして、漬けてから2〜3時間ほどですぐに食べるのであれば大きめの茄子をカットしたものをサッと漬けるというのもいいものだ。いくら新鮮であっても生のままの茄子というものをたくさん食べられる人というのはまずいないと思うが、それを加熱をしない状態で2時間ほど待つだけで美味しく食べられるものになっているというのが漬物の不思議であり、偉大であるところだ。漬物という形の「サラダのようなもの」がなければ食卓、特に和食は寂しいものになっていただろう。

b0061413_21203881.jpg コッヘル180番台に出てきたものを勢揃いさせて盛りつけてみた。個別なものとしてもなかなかいいものであると思っているが、こうしてチームになってみるとまた趣がある。ダイエット(diet)という言葉はほぼ「体重を減らす」とか「体型をスリムにする」という意味で使われ、時には「食事を減らす」という場合にも使われるが、本来の意味はむしろ「食物を摂取する」ということである。私は「食べ物を制限する」という考え方ではその制限を飛び出したくなる性格であり、「食べ物を我慢する」という方針では辛抱たまらん精神状況がすぐにやって来てしまうようだ。なので「美味しい野菜をたっぷり食べたい」という欲望や本能の方に忠実になる方向性で行くことにした。美味しい野菜をたっぷり食べていると、これも本能的にタンパク質や炭水化物も欲しくなってくるのであるが、その時欲するタンパク質や炭水化物の分量は、おそらく適量であり適切であるはずだと思っている。塩分過多には気をつけなければならないが、美味しい野菜をたっぷり食べたいという時に浅漬というバリエーションは欠かせないものとなっている。


マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2012-09-25 22:01 | 草外道


<< 鶴ではなくてサギだった      草仏教掲示板(44) 幸せはそ... >>