2012年 10月 22日

コッヘル187番 ウヅラの卵(おでんメニュー)

b0061413_0322337.jpg ウヅラの卵というと八宝菜でこれが欠かせないという人がいちばん多いかな?確かに八宝菜という野菜が大活躍する料理のなかで動物性のタンパク質として豚肉とともに卵がなければ何だか淋しい。ただ、これが鶏卵だと大きすぎてそれだけでお腹がいっぱいになってしまうので、そこはウヅラの卵ということになる。うちでは八宝菜とともに、おでんの鍋のなかでウヅラの卵が欠かせない。理由もほとんど同じで、おでんは人気メニューであるのだがいろんなものを食べたい。特に子どもは鶏卵だとかなりお腹がいっぱいになるところ、ウヅラの卵であればいい感じであるらしい。缶詰や煮たものがパックに入って売っていて、茹でて殻を剥く手間が惜しい時には買うこともあるが、おでんの準備をしている間に、ウヅラの卵を茹でておいて子どもに剥かせるということが多い。ある日の息子の行動を見ていれば、ウヅラの卵→大根→ウヅラの卵→こんにゃく→すじ肉→ウヅラの卵→スープをグビッと→はんぺん→トック入り竹輪→ウヅラの卵→スープをグビッと→すじ肉→ウヅラの卵 というようなローテーションでウヅラの卵を喜んで食べていた。喜ぶのはいいが、それなら普通に鶏卵をおでんダネにした方がいいのかなぁ?という気もしてくる。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2012-10-22 23:47 | 草外道


<< ジャパニーズ・グラフィティ      今西憲之さんの名前があるなんて… >>