2012年 10月 26日

今シーズンの野球活動

b0061413_2413885.jpg なんちゃってヤンキースの選手とファンの皆さんには淋しい思いをさせている。職業も年齢も色々な社会人草野球倶楽部であったなんちゃってヤンキースはナイトゲーム(ナイター)を中心にした活動を続けてきた。大会出場もナイター大会。シーズンを重ねるたびに面白なりユニークになり強くなって大会でも成果をあげていくという展開を迎え、8シーズン目に突入という時期に東日本大震災があった。大震災の復興に仕事上を中心に直接間接に関わるメンバーも多く、さらに電力不足により有力実業団や独立リーグでもナイトゲームやナイター練習を控えるなかで、球場の日程は空いていてもなかなか活動再開が言い出せないままに1年半以上が経過してしまった。なんちゃってヤンキースの選手になったことで本家ヤンキースへの愛に萌え、奥さんを連れてニューヨーク旅行に行って黒田投手先発試合をニューヨークスタジアムで観戦してきたメンバーがいた。夏の終わりに「来年、結婚します」と婚約者を連れてきてくれてきたメンバーが居た。来年、できれば「これがホンマの紅白戦やでぇ」と題した試合を行なってチーム復活の契機にできればと思っている。 さて、その間の私の野球活動は「助っ人」としての活動である。二日前のこの日もテラノサウルスの助っ人として9イニングの間に打順は1番(1番を打つのは足が速かった小学生以来である)で センター→セカンド→ピッチャー→ライト→セカンド というユーティリティ助っ人として出場した。場所はハードオフエコスタジアム。ヒットを2本打ち(へへへ、数年前に高校野球の強豪チームのエースだった奴からセンター前にクリーンヒットを打ってやったぜぃ)野手としての守備機会も無難にこなせたことも良かったが、何といっても嬉しかったのは助っ人ではなかなか立てないマウンドに4番手投手としてけっこう切迫した場面で1イニングを任されたことだ。結果、抑えることができて、これでエコスタジアムでは4年前から登板してきてまだ1点も取られていないという、私しか認識していないことであるだろうけれどゲンのいい記録を更新。贅沢を言えば、相手の各バッターが初球に手を出してきて3アウトを簡単に取っちゃって愛すべきエコスタのマウンドに立って「5球しか投げなかった」ということだろう。そして試合は惜敗。ともかく、これで月末に助っ人だけれども野球仲間との打ち上げ宴会に参加して、あとはテレビでワールドシリーズと日本シリーズを観戦するということだけが今年の野球だ。

マーヒー加藤(草野球名・ケアレスミス)
[PR]

by kaneniwa | 2012-10-26 05:53 | 草野球


<< 恐るべきハロウィン      ジャパニーズ・グラフィティ >>