2012年 11月 19日

山本浩二監督の焼き魚オーダーを検証する

1番 サケ
2番 アジ
3番 金目鯛の開き
4番 ノドグロ
5番 サバ
6番 ホッケの開き
7番 太刀魚
8番 タラコ
9番 サンマ (DH)

草仏教ブログを開いていただいた瞬間、何のこっちゃ?と思われたことであろう。
これは、もう何年前になるか忘れてしまったが、
日本テレビ系列で日曜日の深夜に放映されている
「中居正広のブラックバラエティ」
という番組において、
「焼き魚でオーダー(打順)を組んで欲しい」
という要望に山本浩二氏が応えたものである。
しかも大いに乗り気でその依頼をこなし、
しかも数多くある焼き魚リストに
「ワシのいちばん好きな焼き魚がない!」
と注文をつけ、ノドグロをリストに加えて4番に据えた。

このたび山本浩二氏がWBCの監督となった時、
組まれる全日本の打順には、
この焼き魚に託された「理想の打順」というものが
必ずどこかに反映されることになろうと、
私は大事にとっておいたこの焼き魚メモを取り出してみた。
このようなおバカな野球評論を展開しているのは私だけであろうが、
野球ファンでありつつ焼き魚ファンであるという方々には
是非とも刮目して読んでいただきたい。

それでは、先日、11月16日(金)と
昨日の11月18日(日)に行われた
親善試合として行われたキューバ戦での打順と
焼き魚とを対比させて論評してみたい。

11月16日のオーダー

1番 サケ 長野 DH
2番 アジ 大島 センター
3番 金目鯛の開き 坂本 ショート
4番 ノドグロ T岡田 ファースト
5番 サバ 松田 サード
6番 ホッケの開き 糸井 ライト
7番 太刀魚 角中 レフト
8番 タラコ 炭谷 キャッチャー
9番 サンマ (DH) 本多 セカンド


11月18日のオーダー

1番 サケ 長野 DH
2番 アジ 大島 レフト
3番 金目鯛の開き 坂本 ショート
4番 ノドグロ 糸井 ライト
5番 サバ 松田 サード
6番 ホッケの開き T岡田 ファースト
7番 太刀魚 秋山 センター
8番 タラコ 嶋 キャッチャー
9番 サンマ (DH) 本多 セカンド 


1番(サケ・長野)2番(アジ・大島)と
3番(金目鯛の開き・坂本)、5番(サバ・松田)
9番(サンマ・本多)
というのは2日間とも固定され、
また山本浩二監督の頭の中に無意識的にも必ずある理想の焼き魚オーダーとも
一致しているのではないか?
という感触をもっている。
つまりアジは2番であり、1番サケは、いざとなれば
メインディッシュ格の3番あたりにも入れられる食材(人材)である。
現在の戦力であれば長野こそサケにふさわしく、
2番はアジな奴である大島がふさわしい。
さっそくであるがこの焼き魚のイメージと実際の人材起用は一致している。
これは予言しておきたいが、来年の実戦でもこの1番2番はこの通りにいくだろう。

そして5番松田というのは、まさに「サバだよなぁ」と納得する。
その納得の質感を上手く伝える言葉が私にないのが残念だが、
実にサバなんですよね。(と、共感を求める)

8番タラコ というのが、この焼き魚オーダーを初めて見た時から
「タラコ…確かに焼きタラコというのは美味いけれど、奴は焼き魚か?」
という素朴な疑問も持ったが、
なるほど強打の捕手である阿部慎之助が故障中ということもあり、
ここにキャッチャーを置いた。
16日の試合では8番の炭谷が公式戦で今シーズン本塁打ゼロであった彼が
ホームランを打ったのであるが、まさに意外性の8番タラコ的な位置づけであった。

さて、山本浩二監督本人は現役で法政大学から広島カープに入って、
新人から数年の森永監督時代は1番バッターであった時代があった。
(古い話になっちゃったなぁ)
ただカープのヘルメットが黒から赤ヘルに変わったルーツ監督時代、
そして古葉監督時代以降は、ほぼ4番に固定された。
つまり4番には大きな思い入れがあり、
なおかつノドクロのようなカリスマ性を求めている。

その私の予想は当たり、
11月18日に北海道日本ハムファイターズでも4番は打たない
糸井外野手を起用したあたりに、
私は
山本浩二監督のノドグロ探しがはじまった…
ということを感じた。
焼き魚オーダーの時に深海からノドクロを探し当てて起用したように、
候補選手の海のなかから、ノドグロは誰か?ということを模索しはじめた。

来年3月の4番は誰か?
T岡田か?
阿部慎之助か?
糸井をノドグロとして育てるのか?
代打でいいところを見せた堂林か?

とにかく、本番では4番が誰かに注目である。

本当は年末に誰が総理大臣なのか?なんだけどね。


マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2012-11-19 02:03 | 草野球


<< 「舞浜」創作のためのノート(4...      実は大好きなキューバ野球 >>