2013年 01月 05日

コッヘル195番 鴨南蛮そば・年越しスペシャル

b0061413_1458294.jpg 鴨南蛮の温かいそば。除夜の鐘の前の一仕事の前に作ったもので、日本のチャーシュー麺という感じがする。熱い鴨汁に冷たいそばをつけるタイプ(おそらくラーメン界で一世を風靡しているつけ麺というのは、この形をヒントにしたのがその発祥ではないかと思う)も好きだが「昔から食べている感じの日本のチャーシュー麺」というものが良かったのでこのタイプのものにした。それに、イベントが多い年末年始ということではなくても単純に言って12月の最後半から1月の上旬というのは一年のなかでもかなり寒い時期であり、熱々が嬉しい時期でもある。(そんななかでも冷たい水で締めあげたもりそばやざるそばも美味しいとは思うけれども…) 鴨肉(合鴨ではありますが…)を焼きつつ、その後半に大きく切ったネギも合わせて焼きこみ、熱々のそばつゆのなかに投じる。コッヘルもまた、熱々にして温かいそばにした。京七味をかけ、さらにその後に一味唐辛子もかけて温まり度は次々とアップしていく。ただ「ぬき」というのだろうか、この写真からそばをひいた(マイナスした)状態の単なるそばつゆ風味のネギ入り鴨汁も逸品であり、日本酒のつまみとしては「ぬき」の状態の方がいいように思う。ただ、「ぬき」の状態からそばが遅れて登場で「これだね!」という納得感もまたある。芝居でいえば、第二幕以降に主役が登場する舞台のようだ。  

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2013-01-05 15:12 | 草外道


<< 探偵業      じぇにー姐さんからのおてまみ >>