2013年 01月 17日

ボーイング787とWindows8

1月17日、阪神淡路大震災から18年が経過した。
18年前の1995年といえば実にいろんな事件があった私の31歳から32歳。
当時は東京に住んでいたのであるが、阪神淡路大震災や3月の地下鉄サリン事件のことなどは
書き出せば止まらなくなってしまう。
書こうとしていることと関係が強いこととして、
1995年の11月下旬にあった
「Windows95の日本での発売」
ということにちょっとふれておきたい。
MS-DOS(懐しい!)や95以前のWindowsをちょっといじったことがある者としては
「やっとWindowsがマッキントッシュ(Mac)のような感覚で使うことができる!」
と喜んだ。
面白いのはこの頃、SONYがかなりギリギリまでWindowsパソコンを製造すべきか
マッキントッシュのMacOSを使ってパソコンを作るのか、
社内の意見も半々というか真っ二つであったそうだ。
(これも懐しい話だが音響メーカーのパイオニアがMacOSのパソコンを出していたのだ)
結局、今に続いてWindowsをOSとしたパソコンをずっと作っているのだが、
スティーブ・ジョブズもSONYの盛田会長を尊敬しSONY製品のファンだったというのだから、
この時点でMacOSのパソコンを作っていれば、歴史は変わっていたと言えるのだが、
SONYの録画機におけるベータがVHSに完全に敗北していたことも
伏線として大きかったのだろう。

そのWindows95はこれまた面白いことに98やMEという新OS(昔の話だが…)が出て、
さらに2002年にXPという定番OSが出てもしばらく出荷されていた。
つまりは、XPが出現して定着するまでの間でも
新機能のことよりも7年前からの安定性を選んだ個人や企業が
いかに多かったかということがわかる。
実際、私もWindows98をIBMのノートパソコンで所有していた。
15年前のOSの悪口を言っても営業妨害にならないと思うのでハッキリ言うが、
Windows98はしょっちゅうフリーズを繰り返す不良品であった。
挙句の果てに(これはマイクロソフトではなくIBMのせいかもしれないが)
ノートパソコンの内部にタイトルを記するのも恥ずかしい
エッチなDVDが入ったまま全く起動しなくなった。

さて、ボーイング787のトラブルがなかなか収まらない。
34%から35%の部品が日本製であり新しい飛行機なのだが、
正直言って今飛行機に乗るとするならば
パイロットが副操縦士から機長になったばかりの状態よりも
新型飛行機が導入されたばかりという方が不安だ。
つい先日、ラジオの深夜放送(文化放送)を聴いていたら
伊集院光が正月休みのことをしゃべっていた。
カナダのイエローナイフにオーロラを見に行き、
3晩連続でオーロラを見ることができたのは良かったが
ラスベガス経由でロサンゼルスからテレビの収録番組に間に合うように
帰国しようとしたら、その飛行機がボーイング787であり
飛行機の緊急点検のためにその日は飛びそうにないという。
(実際にその次の日も飛ばなかったそうだ)
慌てて全日空の飛行機で一つだけキャンセルが出たビジネスクラスを
38万円で押さえて帰ってきたという。
そして、何とかその収録の日に帰ってきたのだが日本のタクシーの運転手さんが
若手の新米でヘボで遅刻した、というオチみたいな愚痴もついていた。

さて、WindowsのOSも新しくなってWindows8か。
今パソコンを使う場合に90%はiMacなのであるが、
Windowsのパソコンも一台は欲しいものである。
10年ぐらい前はMacかWindowsか?という議論が白熱していたが、
Macはオートマチック車でありWindowsはマニュアルミッション車という感じ。
子どもや妻(シャラポア・日本人)も二台が並んでいるとMacの方を使いたがる。
ただ無料ソフトを含めて出ているソフトの数やカスタマイズのしやすさの関係で、
実はMacでなければできないことが多かった時代もあったけれども
今は圧倒的にWindowsでなければできないことの方が多いのではないだろうか。

というわけで、起動時間も短くなってくれたようでWindows8に軽く興味を持った。
まだ出てから数ヶ月で、使用している人には多くの戸惑いが見られる。
ただ、そんなことはよくあることなのでそれはいい。
根本的に問題であることは、雑誌で読んでいてビックリしたことなのだが
Windows8のたとえばノートパソコンを購入するとして
タッチパネルのものと従来型の非タッチパネルがあり、
何と両者に対応しているソフトは同じワープロソフトひとつにしても
まったく別物であるという。
これは「詐欺まがいである」とまで言ってしまえば営業妨害になってしまう可能性も
ちょっとあるから言わないとして、うーん、実にネーミングがまずい。
従来型の非タッチパネルのモデルはWindows7の次だからWindows8でいいとして、
画面にタッチするタイプはWindowsTouch PCとか、WindowsTablet PCとか
まあありきたりの名称しか思い浮かばないのだけれども
とにかくWindows8とまったく別な名称を与えないとひどく混乱してしまう。

どうも「8」は混乱がどう収まるかを見極めてからの方がいいなぁ。
そうなるとWindows7の叩き売りというものも、
そろそろ「在庫限り」というものも少なくなってくる頃なので
悩ましいところである。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2013-01-17 23:26 | 草評


<< コッヘル197番 いちなん製ソ...      立ち往生 >>