草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 07日

草仏教掲示板(49) 勉強しない子供より遊ばない大人が心配だ

b0061413_232229100.jpg 車で25分のところに胎内スキー場というのがあるのだがその売店(スキー用品やウェアやTOKOのワックスなどを売っているショップです)にあったポップ広告風の小さな張り紙にあった言葉であった。目にした時にスキーウェアを着ていてその場ではメモできず、帰宅してからメモをしたのでもしかしたら言葉が正確ではないかもしれないが「勉強しない子供より遊ばない大人が心配だ」というこの言葉をもって売店で何を売ろうとしているのだろうか?と思いつつずっと気になり続けていた。ひとつには車の構造もハンドルにアソビの部分がなければ曲がることも方向を変えることもできず危険この上ない。「まったく余裕がないような大人では心配だ」という意味として理解した。それがまず第一の受け止めであるが、さらに曲解になるのかもしれないけれども「勉強しない子供より(子供と)遊ばない大人が心配だ」(カッコ内が私のアレンジというか曲解部分です)と受け止めると、このポップ広告を書いた(たぶん)ショップの店員さんの意図にかなっているのかどうかは怪しくなってくるけれども味わいが深くなると思う。真面目で遊ばない大人というものは悪いことはないとも思うけれども、自分の子供ともまったく遊ばないことはやっぱりちょっと心配だ。そう読ませてくれてのは、あるいはこの言葉自体が目に入ってきたのは、お正月からずっと息子に「スキーに連れて行ってくれ」と懇願されつつも息子の小学校の休みの日は私がなかなか時間がとれずにようやく先日の土曜日の午後だけを使ってスキー場に来れたということがあったからかもしれない。

b0061413_23231560.jpg 「お前は勉強して東大に行け、私はこれからパチンコに行く」(20年ぐらい前に京都の東本願寺内にある同朋会館のなかにホントに貼ってあった法語)という言葉に出会ったことがある。子供に勉強ばかりさせて大人は遊んでばかりというのも心配だ。また、まったく遊びの世界がないままに大学に入った18歳が免疫がまったくないままにコンピュータ・ゲームの虜となり、もう何年も留年を繰り返しているという学生は全国に何万人ぐらいいるだろうか?「ゲームばっかりしていないで本でも読みなさい!」は、近年の親であれば何回も言った言葉であろうが、親が遊ぶような心境で読書をしていないと子供が読書家になるということはないような気はする。iPadをシュッシュッしている時なんかは「私にも貸して!」とすぐに寄ってくるもんなぁ。「よく学びよく遊ぶ」は願望もこめてではあるけれど親子がともによく学び、親子がともによく遊ぶと在りたいと心から思う。40歳代と50歳代はスキーをやる人が多く、30歳代と20歳代はスノーボードをやる人が多いが、どうも今の10歳代は親の影響かわずかにスキーをやる人の方が多いと聞いた。親といっしょに遊んだ影響だと想像するとちょっと嬉しいことだ。両方愛好する人やスノーボーダーは心配することはない。これでいけば10年後はたぶんスノーボードをやる10代が増えているはずだから。


マーヒー加藤 (文)
シャラポア (書)
[PR]

by kaneniwa | 2013-02-07 23:00 | 草仏教


<< (体罰を受けた経験が)マウンド...      失われた時を求めるラーメン (... >>