草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 19日

コッヘル202番 カブのTITAN(炊いたん)

b0061413_1082185.jpg こういうものもたまには作りますということで、おばんざい風の炊きもの料理である。京都弁で「炊いたん」と呼ぶものを炊いたニックにTITANと総称してみたい。どうでもいい豆知識であるが、昔、資生堂のテレビCMに金田・長嶋・王というメンバーが出たことがある。CMのBGMにはマーラー作曲の交響曲第1番「巨人」が流れていた。読売ジャイアンツの「巨人」とかけているのだなぁ…と思ったがよく考えてみればマーラーの交響曲第1番の「巨人」の原題はGIANTではなくTITANであった。ま、どうでもいい昔話か。とにかく強引にこじつけるならば「炊いたん」はおばんざい界の巨人である。普通は土鍋で蒸すように煮るのが風情であるが、盛り付けをコッヘルにするので土鍋ではなくてダッチオーブンを使用。ダッチオーブンのリッド(フタ部分)の端から軽く湯気が出たらすぐに火からおろしてあとはその蓄熱効果に任せるだけである。これでじっくりと出汁成分が滲み入ってくれてしかも柔らかくなる。近くのスーパーには(たぶん地元で和菓子を家庭で作る人が何人も居てくださるおかげだと思う)吉野葛が置かれていて、うちでも常備しているのでそれを水で溶いて出汁にトロミをつける。片栗粉でもいいのだが吉野葛を使うとグッと「おばんざい」とか「炊いたん」と呼ぶにふさわしくなるような気がする。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2013-02-19 10:23 | 草外道


<< かんだやぶそば の写真があった...      失われた時を求めるラーメン(5... >>