2013年 05月 19日

コッヘル210番 コゴミのゴマドレッシング

b0061413_052525.jpg 5月上旬に投稿しようと思っていたけれども、グズグズしているうちに5月も下旬が近づいてきてしまった。コゴミと呼んでいるが、コゴメとも聞き、どうなっているんだろう?と調べてみれば正式名称はクサソテツ(草蘇鉄)というようで英語だと Ostrich fern(ダチョウシダ?) で学名はどのように発音していいのかわからないけれどもMatteuccia struthiopterisと言うようだ。英語も覚えたって外国で食べる機会なんてないからいいやと思いきやアメリカの北東部には自生しているという。大きくなったものをコゴメと言い、若芽をコゴミというらしいが、これはおばちゃんと呼ぶかおねえさんと呼ぶか迷った時にはおねえちゃんの方を優先するの法則で、食べるものはコゴミと呼んでおきたい。名称の解説で文章の大半を占めてしまったが、7歳の末娘は「モジャモジャ」と言う。なるほど英語のOstrich(ダチョウ)のモジャモジャの感じか。新鮮なものをサッと食べるには茹でて醤油、もしくは今回のようにゴマだれ系のドレッシングがいちばん手軽でいいと思う。もしくは青じそドレッシングか?調理の手間はほとんどかからない。モジャモジャがクルクルとウヨウヨ自生しているポイントもあるにはあるそうだが、大半は山のそれもけっこう奥で採れる山菜。山が大好きな方が採ってきていただいたものである。趣味とはいえそのお手間に比べて調理は実に簡単であったが、この簡単な食べ方がいちばん美味しくいただけると私は思う。

マーヒー加藤

コッヘルバックナンバー
[PR]

by kaneniwa | 2013-05-19 01:09 | 草外道


<< 名曲草鑑賞(37) バッハのブ...      週刊朝日と朝日新聞は正攻法で論... >>