草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 29日

まさか楽天優勝セールにハマってしまうとは…

知り合いにKさんという【新潟ホークスを愛する会】の幹事長がいる。
会長は野球漫画の巨匠、水島新司のお兄さんだ。
この幹事長Kさんは、水島新司の代表作のひとつ『あぶさん』を心から愛読していることもあり、
筋金入りのホークスファンである。
このKさんのフェイスブックを読んでいたら、
Kさんの奥さんが椅子に座ってデスクトップのパソコンの画面を眺めている写真が掲載され
「こらぁ!筋金入りのホークスファンの俺の前で楽天優勝セールなんか見るな!
 テレビなんてホークスが優勝したら何台だって買ってやる!」
という趣旨(というかほとんど本文)の文章が掲載されていた。

Kさん一家とは家族ぐるみのおつきあいをしていて、その奥さんには親しみをもっているので
私はシャラポア(妻・日本人)を呼んで
「おーい、シャラ!来てくれ!おもしろいぞぉ!」
とディスクトップパソコンの前でその投稿記事を見せて
二人でぎゃははははは、と笑った。
笑ったのは失礼だったかもしれないが、
Kさんの奥さんはご懐妊中でもうすぐ3回目の出産を控えていて
なかなか買物に出かけることもしにくいだろう期間なので、微笑ましいとも思って笑った。

ただ、シャラポアと二人で笑った後に
「その三木谷さんのネットのお店(楽天市場)、ちょっと覗いてみない?」
と言われたので、画面をフェイスブックから楽天市場優勝記念セールに切り替える。
星野仙一監督の背番号77にちなんで、77%OFFのセールである。
77%OFFなんて、どうせ倉庫に眠っている不人気製品の一掃が目的だろう?
と眺めていたのだが…
あんまり値引きをされることが少ないBOSEのパソコン用スピーカーで
定価が3万円以上するものが77%OFFの7000円で売りだされた。
「うーん、これが7000円で手に入るならBOSE丸儲けと言っていいぐらいだ!」
と言いながらも、少しだけ(約1分間ぐらいか?)迷ってから
「よし!」
とバーチャル買い物カゴにそのBOSEを入れようとすると、
まさにクリックしようとしたその時、数量限定であったそのスピーカーのところに
「おかげさまで完売いたしました」
という文字が浮かび上がってしまった。
「おかげさまで」
といわれても、かげながらにさえ何の力も発揮していない。
その文字は
「ごあいにく」
と見えてしまった。
1分の迷いさえ許されないそのシビアさ、
BOSEのスピーカーを釣り上げることができずにボウズ(釣り用語)になってしまった悔しさが、
われわれ(私とシャラポア)のハートに火をつけてしまった。

昔の新聞記者がロイター発の共同通信に目を光らせるかのように、
証券マンがデータを見つつ売りなのか買いなのかを瞬時に判断するかのように、
私とシャラポアは交代でパソコンの前にはりつくこととなってしまった。
証券マンといってもコール・オプション(買う権利)だけの勝負であり、
77%OFFのタイムセールに次々と現れてくる製品に、
私とシャラポアは瞬時に検討し、とりあえず買い物カゴに入れるか見送りか声をかけあった。

BOSEのスピーカーを買い逃してから数時間後、
(恥ずかしながら時間も忘れて熱中してしまいました)
どんどん出てくる製品に基本的には慎重な姿勢で臨んでいたのだが、
SEIKOのムーンフェイズ(月齢表示)機能付きのアナログ腕時計が77%OFFで出た。
これは、実は今月の私の誕生日に買おうと思っていたシロモノであった。
明治23年以前の日本人は太陰暦で、月の満ち欠けに敏感な生活を送っていた。
海面を10メートルも持ち上げる月の引力が、
体の大部分が水分である人間に影響を与えないわけがなく、
特に満月の夜にはそのハイテンションを何らかの活動にいかすことを考えていたのだ。
ただ、誕生日の前後に買物に出る機会がなくて温存していた。
その温存していた気持ちに加えてBOSEのスピーカーを逃した失態(でもないのだが…)を
挽回(というほどでもないのだが…)しようという気持ちも加わり、
また、SEIKOの腕時計が77%引きということも滅多にないし、
現物は一度見て知っている。
「こいつは買いだ!」
と言いながらマウスをクリック。
購入を確定させて、恥ずかしながら日常生活で滅多に出ないガッツポーズが出た。

そのガッツポーズを見てシャラポアが
「お願い、代わって!」
と言った。その思いがけず厳しい口調にディスクトップパソコン前の椅子を即座に譲る。
数時間後(すんません、夫婦でハマっていました)に
「やったぁ、欲しかったバッグを77%OFFでGET!」
「息子のジャージ上下をGET!」
「化粧品、GET!」
などという声が仮眠する(仮眠だけでほぼ徹夜だったことをカミングアウト)
の私の耳に入ってきた。
朝からは(すんません、半分徹夜です…)中3の娘まで加わって
「靴をGET!」
の声が聞こえた。

結局、いろんなものを検討しつつ三木谷さんのところで私が購入したものは
腕時計だけであり、家族全体でも以上の買物ぐらいなのであるが、
タイムセールの77%OFFに出てくる製品のチェックに忙しかった。
いつまでもこれに取り憑かれていては忙しい週末を乗り切れないし、
土曜日の夜には飲み会もあった。
(寝不足で参加し、結局は夜中の0時まで飲んでいたなぁ…)
何か締めくくりになる買物はないか?
そうでないと、これはキリがないぞ!
と思いつつも、東北を拠点とする店舗からの出品も多く、
単なる優勝便乗セールではなく、東北にとって久しぶりのいいニュース
(もちろん東北楽天イーグルスのパ・リーグ優勝)に湧いてお祝いをしているムードは
伝わってきたのである。
「クール宅急便で送られてくる無添加の生ウニ」
というものが出てきた時に、
「ああ、これだ!」
と、4箱のウニの箱買いという大人買いをして締めくくった。
10月2日に届く。
東北楽天イーグルスと同様に、朝から人々を大いに笑わせて東北全体を元気づけ
先週終わったNHKのテレビ小説『あまちゃん』に出てくる
ドリームフード・ウニ丼をこれでやろう!
と、大幅な割引がなければ恐ろしすぎてできないウニの4箱買いという大人買いをして締めくくり、
家族全員から拍手が湧いた。

ただし、優勝セールは日曜日の今夜まで続く。
深夜の時間帯が野球でいえば9回の裏であり、
これは野球同様何が起こるかわからない。

阪急ブレーブスが消滅し、近鉄もプロ野球から去り、
南海ホークスも、桜井・藤原・定岡という内野陣の頃は大好きなチームだったが
南海がプロ野球から去って福岡に移転してからは
パ・リーグに特にひいきのチームはなく、
むしろ仙台を拠点をしながら鳴り物をつかわない、声で応援するイーグルスには
好感をもっているので熱中できたことである。
そこのところは骨の髄までホークスファンであるKさんとは違う。

日本シリーズが楽天VS阪神という組み合わせにでもならなければ、
依然として私は好きな選手も何人かいる東北楽天イーグルスを応援したいと思う。

野球はあまり詳しくないシャラポアが私に尋ねた。

「日本シリーズで三木谷さんのところが優勝する確率はどれぐらいある?」

「けっこうその確率は高いと思うよ。田中将大という絶対的エースが居るということは
 短期決戦ならなおさら強いということも言えるし、ベテランと若手のバランスがいいし、
 ジョーンズとマギーという外国人選手が強打者だね。若手で活躍する選手なんかが出てきたら
 けっこう日本シリーズ制覇もあるね」

野球はあまり詳しくないシャラポアの目が光った。
三木谷さん、あなたのところの優勝記念セールは大成功です。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2013-09-29 18:25 | 草評


<< 草仏教経済学(21) ああ、ネ...      東北楽天イーグルス優勝おめでとう! >>