草仏教ブログ

kaneniwa.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 01日

草仏教経済学(21) ああ、ネットショッピング

楽天優勝セールというお祭りにやや乗っかて、久しぶりにネットで買物というものをした。
その余波で、久しぶりに経済を論じてみたくなった。

楽天優勝セールでよかったことはその買物の満足度もさることながら、
妻(シャラポア・日本人)と娘(中3)が、プロ野球のことを色々と質問してきたことだ。
日本シリーズに東北楽天イーグルスが出ることとなると、
関心をもって妻とも娘ともいっしょにこの秋は日本シリーズを堪能することとなる。
ただしその時に、たとえ相手が阪神タイガースであろうとも妻と娘は楽天を応援するだろう。
優勝セールの目的にファン層の拡大ということがあるだろうが、
そういう目的はどうも達成されたみたいだ。
ここのところでは、勝ち負けにこだわるのは当たり前ながら、
今の田中将大のボールやスライダーがいかに凄いかなど、野球のおもしろさそのものにも
目をむけてもらう機会としよう。

ネットでショッピングをまったくしたことがないという人は少なくなっていると思う。

私としては本やCDの取り寄せについてはAmazonを利用してきた。
本については街中の駐車場がない書店がどんどんなくなってきたこともある。
あるいは、ネットで本を取り寄せるということが普通のことになったので
街の本屋さんがなくなってしまったということでもある。
音楽CDについても同様だ。
もはやCDよりも1曲単位でのダウンロードが主流なのだろうが、
どんなジャンルでもアルバム単位で購入したいので、
(クラシックの分野など、ネットでは楽章単位で売っているが…なじめないなぁ)
Amazonなどを使ってCDを取り寄せるということになる。
Amazonは、
「あんたはこういう趣味の人間なんだから、これも買うといいんじゃない?」
(本当はもうちょっと丁寧な言い方)
という広告を送ってくるのには軽く腹が立つが、
まあ便利といえば便利である。

その他には公共交通機関と宿泊でネット予約割引があるものは使うので、
これもまたネットでのショッピングといえばショッピングである。

今までのネットショップ購入歴はそんな感じであり、家電などの場合はどうしても
「試してみる」
というような、試す度量がもてる価格帯のものでなかればなかなか気がすすまず、
さらに
「試してみた末にガラクタとなる」
ということの怖さゆえになかなか気がすすまなかった。
やっぱり、実物を知らないことの怖さがある。

新潟に帰る前に東京の秋葉原のYカメラの巨大なビルの
PC用スピーカー売り場で、思う存分に試聴をさせてもらった義理から
けっこう大きめのスピーカーを購入してそれを担いで新幹線に乗ったことがあるが、
その時に、けっこう製品を試しつつ製品の型番のメモをとる人たちの姿が目に入った。
何だか試すことだけに利用されているかのようなリアルショップが
不憫なものに思えてきた。
秋葉原の街のにぎわいも、何だかバーチャルなものに思えてきた。

マーヒー加藤
[PR]

by kaneniwa | 2013-10-01 01:53 | 草評


<< 草仏教掲示板(58) チャンス...      まさか楽天優勝セールにハマって... >>